HOME > >

『少子化社会と妊娠・出産・子育て』出版記念シンポジウム
「妊娠・出産・子育ての現在・過去・未来」

於:京都生涯学習総合センターアスニー山科実習室
http://www.ritsumeihuman.com/news/read/id/231

Tweet
last update: 20171006


■『少子化社会と妊娠・出産・子育て』出版記念シンポジウム「妊娠・出産・子育ての現在・過去・未来」

日時 :2017年10月15日(日)12:45〜16:45(12:15 開場)
場所:京都生涯学習総合センターアスニー山科実習室
   山科駅(JR、京都市営地下鉄、京阪線)すぐ。

■趣旨

少子化対策が喫緊の政策課題と位置づけられ、妊娠・出産・子育てへの支援の重要性がますます増加しています。妊娠・出産・子育てをめぐる環境は、どのような変遷を経て現在に至り、どのような問題が生じ/残されてきたのか。そして、私たちはこれからの妊娠・出産・子育てとどのように向き合っていけばよいのか。一緒に考えてみませんか。レポートや卒論に何を書こうか迷っている学生さん、もう一度学んでみようという大人の皆さんのご参加をお待ちしております(もちろん、大学の先生、院生さんも歓迎します)。


■プログラム

12:45-14:15 話題提供 少子化対策としての妊娠・出産・子育て支援をどう考えるか?

「結婚と不妊」 由井秀樹(日本学術振興会特別研究員[PD]/立命館大学人間科学研究所客員研究員)
「子育て支援」松島京(相愛大学人間発達学部准教授/立命館大学人間科学研究所客員研究員)
「出産と母子保健」伏見裕子(大阪府立大学工業高等専門学校講師)
「避妊・中絶」木村尚子 (広島市立大学客員研究員)
「出生前診断」利光惠子 (立命館大学生存学研究センター客員研究員)
「社会的養護」安藤藍(首都大学東京都市教養学部助教)
「養子縁組」吉田一史美 (立命館大学大学先端総合学術研究科研究指導助手/立命館大学人間科学研究所客員研究員)

14:15-14:30 コメント(柘植あづみ[明治学院大学社会学部教授])

14:30-15:00 全体ディスカッション


コーディネーター:松田亮三(立命館大学産業社会学部教授)
司会:笹谷絵里(同志社女子大学看護学部実習助教)

■主催

立命館大学人間科学研究所インクルーシブ社会・医療サービスプロジェクト

■お問い合わせ

参加無料
very.blue.straw.berry@スパム対策gmail.com(由井秀樹[静岡大学])

飛び入り参加も歓迎しますが、資料準備の都合上、事前に上記メールアドレス、あるいはコチラ(http://kokucheese.com/event/index/487517/)からお申込みいただけましたら幸いです。


■関連リンク

□同日同会場開催イベント

◇2017年10月15日(日)15:15〜16:45
 連続市民講座「少子化社会の妊娠・出産・子育てを考える」

□報告者出版書籍

由井 秀樹 20170415 『少子化社会と妊娠・出産・子育て――テーマでひらく学びの扉』,北樹出版,170p. ISBN-10: 4779305241 ISBN-13: 978-4779305245 1,900+ [amazon] [kinokuniya]


*作成:小川 浩史
UP: 20171006 REV:
人口・少子化・高齢化 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)