HOME > >

「支援付き意思決定・意思決定支援(SDM)実践シンポジウム」

於:東京大学本郷キャンパス工学部2号館213大講堂

Tweet
last update: 20170612


■「支援付き意思決定・意思決定支援(SDM)実践シンポジウム」

日時:平成29年7月9日(日)15:30〜18:30
場所:東京大学本郷キャンパス工学部2号館213大講堂

■プログラム

15:30 主催者挨拶・趣旨説明『SDM-Japanの目指すもの』

水島俊彦(弁護士/SDM-Japan代表/日本弁護士連合会高齢者・障害者権利支援センター委員/青森県弁護士会/法テラス八戸法律事務所)

16:30 シンポジウム『Expressed Wish(表出された希望)VS Best Interest(最善の利益)‐日本における意思決定支援(SDM)の取り組みと可能性』

司会:名川勝(筑波大学人間系講師/SDM-Japan副代表/NPO法人PACガーディアンズ理事長)
コメンテーター:木口恵美子(東洋大学福祉社会開発研究支援センター研究支援者/白梅学園大学非常勤講師)
パネリスト:
松隈知栄子(弁護士/日本弁護士連合会高齢者・障害者権利支援センター委員/愛知県弁護士会)「南豪州視察における発見と成年後見活動に対する変化」
本間奈美(佐渡市相談支援事業所こもれび/相談支援専門員)「相談支援における取組とSDMの可能性」
野口美加子(新宿区手をつなぐ親の会)「本人を中心としたネットワークの活用:SA-SDMの日本での実践経験から」
小杉弘子(SDM-Japan副代表)「SA-SDMファシリテーター研修生へのコーチングとメンタリング」

18:15 閉会のあいさつ『SDM-Japanの今後‐南豪州SDMトレーナー来日集中研修について‐』

小杉弘子(SDM-Japan副代表)

■お問い合わせ

参加費:2000円(資料代として)
お申込み:http://kokucheese.com/event/index/473402/


*作成:小川 浩史
UP: 20170612 REV:
意思決定支援 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)