HOME > >

「脱構築研究会×ドゥルーズ科研・共同ワークショップ ドゥルーズとデリダ」

於:グランフロント大阪北館タワーB10階 ナレッジキャピタル・カンファレンスルームRoomB01

Tweet
last update:20151204


■脱構築研究会×ドゥルーズ科研・共同ワークショップ ドゥルーズとデリダ

日時:2015年12月20日(日)13.00-18.00
場所:グランフロント大阪北館タワーB10階 ナレッジキャピタル・カンファレンスルームRoomB01
http://www.kc-space.jp/accessmap/conference/

■趣旨

ジャック・デリダ(1930-2004)研究者を中心に組織される脱構築研究会とジル・ドゥルーズ(1925-1995)研究者を中心に推進される科学研究費助成事業基盤研究(B)「ドゥルーズ研究の国際化拠点の形成(課題番号26284004)の共同ワークショップを開催します。同じ時代に、同じ国に生きたドゥルーズとデリダ。その近さと、それにも関わらず存在する歴然とした遠さの間から、私たちは何を見出し受け継ぐのか。

■プログラム

13.00-14.30 若手研究発表
小川歩人(大阪大学)「技術/エクリチュールの曖昧な理念性ー幾何学の起源序説から」
岡嶋隆佑(慶應義塾大学)「ベルクソンの時間論:ドゥルーズ以後(仮)」

14.40-15.10 ワークショップ1 デリダ×ドゥルーズ総論
藤本一勇(早稲田大学)×檜垣立哉(大阪大学)

15.10-18.00 ワークショップ2 デリダ×ドゥルーズ各論
動物/精神:宮崎裕助(新潟大学)×上野修(大阪大学)
 コメンテーター=千葉雅也(立命館大学)
生命/自然:亀井大輔(立命館大学)×近藤和敬(鹿児島大学)
 コメンテーター=ダリン・テネフ(ソフィア大学)
教育/政治:西山雄二(首都大学東京)×小泉義之(立命館大学)
 コメンテーター=松葉祥一(神戸市看護大学)

入場無料

■主催

脱構築研究会、科学研究費助成事業基盤研究(B)「ドゥルーズ研究の国際化拠点の形成」(課題番号26284004 )


*作成:安田 智博
UP: 20151204 REV:
TOP HOME (http://www.arsvi.com)