HOME > 生存学 E-mail Magazin[Korean]

生存学 E-mail Magazine No.54

2014年11月13日
[Korean]


立命館大学生存学研究センターでは、メールマガジンコリア語版を定期的に配信し、情報発信、研究交流に努めていきます。

目次

1 【2014 障害学国際研究セミナー in Korea:センター長の挨拶】
2 【開催報告:「障害/社会」第5回「中国における障害者権利条約をめぐる取組み」】
3 【生存学研究センターFacebookページの紹介 】


1 【 2014 障害学国際研究セミナー in Korea:センター長の挨拶 】

2014年11月20日(木)に韓国・ソウル市にあるイルムセンターで、「障害学国際研究セミナー2014」が開催されます。本センター長の立岩真也教授の挨拶です。

本年度センター長をつとめている立岩です。
既にご案内させていただいているように障害学国際研究セミナー2014 in Korea が開催されます。
開催にあたりご尽力いただいている韓国側の皆様への御挨拶はまたさせていただきますが、このたびも日本側の報告については韓国からの留学生のみなさんが尽力してくださっています。
ほぼその報告の翻訳ができましたので http://www.arsvi.com/a/20141120-k.htm でご覧ください。
今回の主題は「障害と治療」でこれは韓国〈障害学フォーラム〉からの提案によるもので私自身とても重要だと考えているテーマです。
関連して書いた英語の論文に
2011/08/23 "On "the Social Model"", Ars Vivendi Journal 1:32-51
http://www.ritsumei-arsvi.org/contents/read/id/27
があります。
またこの主題に関係して書いた上記と別の文章の一部を、コリア語に訳してもらいました。こちらに掲載しています。→http://www.arsvi.com/ts/20141120-k.htm
また今回は中国のNGOの方々の参加もあります。このことについても短いご案内をさせていただければと思います。失礼いたします。

立岩真也
http://www.arsvi.com/ts/k.htm

◇関連リンク
第4回 障害学国際研究セミナー http://www.arsvi.com/a/20131122-k.htm
第3回 障害学国際研究セミナー http://www.arsvi.com/a/20121123-k.htm
第2回 障害学国際研究セミナー http://www.arsvi.com/a/20111109-k.htm
第1回 障害学国際研究セミナー http://www.arsvi.com/a/20101123-k.htm


2 【 開催報告:「障害/社会」第5回「中国における障害者権利条約をめぐる取組み」】

本学大学院先端総合学術研究科院生である桐原尚之さんによる報告です。
このセミナーは、「障老病異」のある人びとを研究の対象とする本センターが推進するプロジェクト「生存をめぐる制度・政策」のアウトリーチ活動の一環として企画されたものであり、今回で第五弾となります。今回は、中国において障害者権利条約の履行に尽力したワンプラスワン障害者文化開発センター(以下、ワンプラスワン)の傅高山(Fu Gaoshan)氏、蔡聰(Cai Cong)氏、イネーブル障害学研究所の張巍(Zhang Wei)氏にご講演いただきました。

【本文は下記のリンク先でご覧下さい】
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi.ko/posts/660572104060623


3 【 生存学研究センターFacebookページの紹介 】

9月1日に開設したコリア語版Facebookページは、本センターの企画・刊行物・開催報告などを紹介しています。
[コリア語版] https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi.ko

障害学を含め、生存学にかかわる様々な情報が、コリア語になっていますので、是非とも訪問してください。皆様の応援の「いいね!」をクリックしていただきますようお願い申し上げます。
[日本語版] https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi
[英語版] https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi.en


================================================================================
・韓国語メールマガジンは arsvi-korea@hanmail.net で発送されています。
 このメールへのご意見、購読は、arsvi-korea@hanmail.net までお願いします。
・過去のメールマガジンについては、下記を御覧ください。
 http://www.arsvi.com/a/emk-j.htm

監修:渡辺克典
編集担当:クァク・ジョンナン,イム・ドクヨン
立命館大学生存学研究センター資料更新:安孝淑,李旭,イム・ドクヨン,クァク・ジョンナン
刊行:Research Center for Ars Vivendi, Ritsumeikan University
   56-1 Kitamachi, Tojiin, Kita-ku, Kyoto, Japan 603-8577

UP: 20141113 REV:
生存学 E-mail Magazine 
TOP / HOME(Korean) / HOME(English) / HOME(Japanese)