HOME > 生存学 E-mail Magazine

生存学 E-mail Magazine No.53

2014年10月30日
[Korean]


立命館大学生存学研究センターでは、メールマガジン韓国語版を定期的に配信し、情報発信、研究交流に努めていきます。

目次
1 【 2014 障害学国際研究セミナー in Korea 】
2 【 開催報告:「障害/社会」第4回「障害者権利条約の国内的実施と障害者政策委員会」 】
3 【 研究センター関連の刊行物 】
4 【 生存学研究センターFacebookページの紹介 】


1 【 障害学国際研究セミナー2014 in Korea 】
2014年11月20日(木)に韓国・ソウル市にあるイルムセンターで、「障害学国際研究セミナー2014」が開催されます。

今年のメインテーマは、「障害と治療」です。今回は、中国からの参加者による「中国の障害者運動」に関する報告3本、日本からは口頭報告3本とポスター報告17本が予定されています。

◆具体的なセミナー日程と内容は、下記のリンク先でご覧下さい。
http://www.arsvi.com/a/20141120-k.htm

◇関連リンク
第4回 障害学国際研究セミナー http://www.arsvi.com/a/20131122-k.htm
第3回 障害学国際研究セミナー http://www.arsvi.com/a/20121123-k.htm
第2回 障害学国際研究セミナー http://www.arsvi.com/a/20111109-k.htm
第1回 障害学国際研究セミナー http://www.arsvi.com/a/20101123-k.htm


2 【 開催報告:「障害/社会」第4回「障害者権利条約の国内的実施と障害者政策委員会」 】

「川島聡氏の講演を中心に、障害者権利条約第33条国内における実施及び監視( national implementation and monitoring )の解釈から、同条約の国内的実施について行政機関や障害者政策委員会の役割について議論が進められました。

川島氏は、第33条の監視( monitoring )が障害者権利条約の国内的実施を監視するための仕組みを規定したものであると解説した上で、イギリス、ドイツの監視体制と比較させながら詳細に説明をしました。」

【本文は下記のリンク先でご覧下さい】
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi.ko/posts/648874595230374


3 【 研究センター関連の刊行物 】

▽大野 光明 2014/09/30 『沖縄闘争の時代1960/70――分断を乗り越える思 想と実践』,人文書院.http://www.arsvi.com/b2010/1409om-k.htm
「沖縄問題とは、誰にとっての、どのような問題であるだろうか。」

【本文は下記のリンク先でご覧下さい】
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi.ko/posts/651946211589879


4 【 生存学研究センターFacebookページの紹介 】

9月1日に開設したコリア語版Facebookページは、本センターの企画・刊行物・開催報告などを紹介しています。
[コリア語版] https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi.ko

障害学を含め、生存学にかかわる様々な情報が、コリア語になっていますので、是非とも訪問してください。皆様の応援の「いいね!」をクリックしていただきますようお願い申し上げます。
[日本語版] https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi
[英語版] https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi.en


===============================================================================
・韓国語メールマガジンは arsvi-korea@hanmail.netで発送されています。
このメールへのご意見、購読は、arsvi-korea@hanmail.net までお願いします。
・過去のメールマガジンについては、下記を御覧ください。
http://www.arsvi.com/a/emk-j.htm

監修: 渡辺克典
編集担当: クァク・ジョンナン, イム・ドクヨン
立命館大学生存学研究センター資料更新: 安孝淑, 李旭, イム・ドクヨン, クァク・ジョンナン
刊行: Research Center for Ars Vivendi, Ritsumeikan University
56-1 Kitamachi, Tojiin, Kita-ku, Kyoto, Japan 603-8577


UP:20141030  REV:
生存学 E-mail Magazine 
TOP / HOME(Korean) / HOME(English) / HOME(Japanese)