HOME > 全文掲載 >

【美の散歩道 46】アート/書物の枠を超えて形成される文化の場

村上 潔(現代女性思想・運動史研究) 2016/04/00
島田誠ほか編『Gallery SHIMADA & Art Support Center Kobe INFORMATION 2016.4』
ギャラリー島田/アート・サポート・センター神戸

Tweet
last update: 20160401


 2016年1月30日〜2月6日にかけて、ロンドンに調査出張をしてきました。題して、「ロンドンにおけるフェミニスト・アーカイブならびにフェミニスト・ジン・シーンの現状調査」。フェミニスト/クィア・ジンのイベント《WEIRDO ZINE FEST》への参加、〈The Feminist Library〉のアーカイブ状況の調査、〈LSE Library〉の「The Women's Library collection」所蔵資料の調査、などが主たる内容でしたが、あいまに、独立系書店や小さなギャラリーもいくつか廻りました。
 そこでひとつ、不思議に感じたことがあります。そこで訪れた場所の印象に、どこか通底するものがあるのです。滞在中もそう感じていましたし、いま思い返してもそうです。図書館も、本屋も、ギャラリーも、ジン・フェスト会場も。どれもちがう空間で、個性があるのに、共通して一定の高さまで同じ成分の水が溜まっていて、そこに足が浸かっているかのような感覚があるのです。
 この不思議な感覚は何に起因するのか、考えてみました。まず、【1】空間の社会的規定を超えて総合的に文化を伝える幅の広さ、という要素があるのだと思います。アート系の書店にラディカルな思想書が平積みされていたり。ギャラリーの展示が、フェミニズムを用いた分類で構成されていたり。また、ジンや女性運動の資料には、政治的主張と自己表現とアートが混ざって詰まっている。だから、上記の「場」は空間的に別個で、形態が異なっても、どこかで横につながっているのです。そして、【2】いずれにも知(感受・思考)のアクティビティと、それへの欲求が渦巻いていること。そこでは、作家/キュレーター/店員[=送り手]と来訪者/客[=受け手]が、同じ目的と問題意識を共有している状況があります。
 知の追求から、文化を感受・思考できる場を多様な人々が設定し、活用する。私はそうした状況を体感したのだと思います。そして私は、〈ギャラリー島田〉を取り巻く神戸の空間の環境も、そうした要素を潜在的に有しているはずだ、と感じています。それがはっきり見えてくる日が来ることを、待っている自分がいます。

◇ギャラリー島田 http://gallery-shimada.com/
◇アート・サポート・センター神戸 http://gallery-shimada.com/salon/


*作成:村上 潔
UP: 20160401 REV:
全文掲載
TOP HOME (http://www.arsvi.com)