HOME > 全文掲載 > 「視覚障害教師たちのライフストーリー」 >

「引用・参考文献」

中村 雅也 2013 「視覚障害教師たちのライフストーリー」
2012年度立命館大学大学院先端総合学術研究科博士予備論文

last update:20131117


【引用・参考文献】

秋葉やす,2011,「先達に学び業績を知る 偉大なる昭和の盲教育者 本間伊三郎先生」『視覚障害――その研究
  と情報』283: 43-50.
秋田喜代美・佐藤学編,2006,『新しい時代の教職入門』有斐閣.
新井淑則,2009,『全盲先生、泣いて笑っていっぱい生きる』マガジンハウス.
有本圭希,2006,「皆が切磋琢磨する研究授業大会の夢」『視覚障害――その研究と情報』218: 44-7.
――――・藤本恵司・南沢創・山本宗平,2004,「特集1 新春座談会――普通校で生徒指導に自信と実績をあげ
  ている視覚障害教師4人の心意気」『視覚障害――その研究と情報』189: 1-21.
朝日新聞,1983,「一般校で教える全盲教師――大阪の二人を訪ねて」(1983年1月17日朝刊第4面).
Brophy, Jere E. and Thomas L. Good, 1974, Teacher-student Relationships: Causes and Consequences, Holt,Rinehart and Winston.(=1985,浜名外喜男訳『教師と生徒の人間関係――新しい教育指導の原点』北大路
  書房.)
Charmaz, K., 2006, Constructing Grounded Theory: A Practical Guide Through Qualitative Analysis, Sage.(=2008,抱井尚子・末田清子訳『グラウンデッド・セオリーの構築――社会構成主義からの挑戦』ナカニシヤ出
  版.)
Creswell, John W., 2003, Research Design: Qualitative, Quantitative, and Mixed Methods Approaches Second Edition, Sage Publications.(=2007,操華子・森岡崇訳『研究デザイン――質的・量的・そしてミックス法』日本看護
  協会出版会.)
遠藤滋,1998,「重度障害者にして養護学校教師であること」『現代思想』26(2): 126-35.
――――・芝本博志,1982a,『苦海をいかでかわたるべき――都立光明養護学校での六年間(上)』社会評論
  社.
――――・芝本博志,1982b,『苦海をいかでかわたるべき――都立光明養護学校での六年間(下)』社会評論
  社.
藤野高明,1978,『あの夏の朝から――手と光を失って30年』点字民報社.
――――,2007,『未来につなぐいのち』クリエイツかもがわ.
Glaser, B. and A. Straus, 1967, Discovery of grounded theory, Aldine.(=1996,後藤隆・大出春江・水野節夫訳
  『データ対話型理論の発見――調査からいかに理論を生み出すか』新曜社.)
Goffman, Erving, 1963, Stigma: Notes on the Management of Spoiled Identity, Prentice-Hall.(=2001,石黒毅訳
  『スティグマの社会学――烙印を押されたアイデンティティ 改訂版』せりか書房.)
Gordon, June A., 2000, The Color of Teaching,.(=2004,塚田守訳『世界人権問題叢書 52 マイノリティと教育』明
  石書店.)
ゴトウサンパチ,2011,『先生がアスペルガーって本当ですか?――現役教師の僕が見つけた幸せの法則』明石
  書店.
後藤芳春,2007,「全国視覚障害教師の会四半世紀の歴史」全国視覚障害教師の会『教壇に立つ視覚障害者た
  ち』日本出版制作センター: 157-62.
橋本京子,2008,「今を走る 高校の『福祉科』教員として新たな道を拓く――横須賀明光高校の長谷川浩志さん」
  『視覚障害――その研究と情報』246: 39-46.
広瀬浩二郎,2005,「バリアフリーからフリーバリアへ――近代日本を照射する視覚障害者たちの"見果てぬ夢"」
  『文化人類学』日本文化人類学会,70(3): 379-98.
Holstein, James A. and Jaber F. Gubrium, 1995, The Active Interview, Sage Publications,(=2004,山田富秋・兼
  子一・倉石一郎・矢原隆行訳『アクティヴ・インタビュー――相互行為としての社会調査』せりか書房.)
堀利和,1985,「教育におけるもうひとつの障害者差別――普通学校への全盲教員採用をめぐって」『福祉労働』
  28: 129-35.
星川ひろ子,1996,『ぼくたちのコンニャク先生』小学館.
池田久美子,1999,『先生のレズビアン宣言――つながるためのカムアウト』かもがわ出版.
石川准,2004,『見えないものと見えるもの――社交とアシストの障害学』医学書院.
柏倉秀克,2008,「今を走る サフラン賞を受賞した溝上弥生さん」『視覚障害――その研究と情報』245: 27-9.
河合純一,2000,『夢追いかけて――全盲の普通中学教師・河合純一の教壇日記』ひくまの出版.
――――,2001,『生徒たちの金メダル――夢輝かせて』ひくまの出版.
――――,2003,『ぼくが映画に出たあの夏の日のこと――映画「夢追いかけて」撮影日記』ひくまの出版.
――――,2004,『夢への努力は今しかない!――全盲の金メダリストからの伝言』新風舎.
川喜田二郎,1967,『発想法――創造性開発のために』中央公論社.
川田力,2006,「教員養成のノーマライゼーションに関する基礎的研究――車椅子利用学生の教育実習を中心と
  して」『岡山大学教育実践総合センター紀要』6(1): 141-6.
菊島和子,2000,『点字で大学――門戸開放を求めて半世紀』視覚障害者支援総合センター.
小林一弘,2003,『視力0.06の世界――見えにくさのある眼で見るということ』ジアース教育新社.
小林多寿子編,2010,『ライフストーリー・ガイドブック――ひとがひとに会うために』嵯峨野書院.
古賀正義編,1999,『「子ども問題」からみた学校世界――生徒・教師関係のいまを読み解く』教育出版
小泉周二,2005,『メールマガジン 放課後』日本出版制作センター.
小島裕治,2008,『足でつかむ夢――手のない僕が教師になるまで』ブックマン社.
厚生労働省,2012,『平成24年障害者雇用状況の集計結果』,厚生労働省ホームページ,(2012年12月1日取
  得,http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002o0qm.html).
栗川治,1996,『異彩はバリアフリー――視覚障害教師が「障害」を問う』新潟日報事業社.
――――,2007,「教育行政における障碍者雇用政策の無策と逆行――都立高・視覚障碍の大葉教諭免職撤回
  裁判が問うもの」『進歩と改革』進歩と改革研究会,664: 57-62.
――――,2011,「第45回NHK障害福祉賞(第一部門)優秀賞受賞作品 心と社会のバリアフリー――父と私の
  あゆんだ職業への道」『進歩と改革』進歩と改革研究会,714: 72-9.
――――,2012,『視覚障碍をもって生きる――できることはやる、できないことはたすけあう』明石書店.
楠敏雄,1982,『「障害者」解放とは何か――「障害者」として生きることと解放運動』柘植書房.
――――,1992,「ゆう君のうれしい自慢」楠敏雄・徐正禹・前田功・鈴木祥蔵・鈴木昭子『にんげん讃歌――私の
  人権教室』部落解放研究所: 3-27.
――――,1998,『自立と共生を求めて――障害者からの提言』解放出版社.
目黒絵美,2008,「夢と目標にむかって 高等学校の福祉科教員をめざして」『視覚障害――その研究と情報』239:
  46-50.
三宅勝,1993,『音が見えた!――中途失明の音楽教師がつかんだもの』エルピス社.
――――編,1997,『目は見えなくとも教師はできる――視覚障害教師たちはいま』エルピス社.
――――・奥村達郎,1997,「視覚障害を持つ教師として働く,視覚障害を持つ教師と共に働く」『福祉労働』75:
  23-33.
溝上弥生,2011,「チャレンジ賞・サフラン賞受賞者は今(6) 夢を追い続けた四半世紀、そしてこれから」『視覚障
  害――その研究と情報』278: 44-9.
文部科学省,2008,『平成21年度教員採用等の改善に係る取組事例』,文部科学省ホームページ,(2012年12月
  1日取得,http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/senkou/1218034.htm).
――――,2012a,『平成23年度文部科学白書』,文部科学省ホームページ,(2012年12月1日取得,
  http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpab201201/detail/1324454.htm).
――――,2012b,『平成24年度学校基本調査』,文部科学省ホームページ,(2012年12月1日取得,
  http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/08/attach/1324865.htm).
長井仁,1987,「盲人教師春秋」全国視覚障害教師の会『心がみえてくる』アド企画: 42-55.
――――,1997,「今日の教育状況と視覚障害教師」三宅勝編『目は見えなくとも教師はできる――視覚障害教
  師たちはいま』エルピス社: 83-94.
永井聖二・古賀正義編,2000,『〈教師〉という仕事=ワーク』学文社.
長瀬修,1999,「障害学に向けて」石川准・長瀬修編『障害学への招待――社会、文化、ディスアビリティ』明石書
  店: 11-39.
中野卓編,1995,『増補版 口述の生活史――或る女の愛と呪いの日本近代』御茶の水書房.
――――・桜井厚編,1995,『ライフヒストリーの社会学』弘文堂.
日本経済新聞,1979,「がんばれ”全盲先生” 府の採用試験に見事合格」(1979年11月30日朝刊第23面).
――――,1982,「羽ばたく異色の人材 全盲乗り越え高校の先生に――熱心さ、府教委も太鼓判」(1982年4月2
  日朝刊第23面).
日本盲人福祉研究会,1981,『視覚障害――その研究と情報(特集 盲人の職業・海外編)』52.
日本盲人福祉研究会盲学生情報センター,1990,『視覚障害者と大学シリーズ1 門戸開放40年の歩み』日本盲
  人福祉研究会盲学生情報センター.
――――,1991,『視覚障害者と大学シリーズ3 点字による国家公務員試験が実現するまで』日本盲人福祉研究
  会盲学生情報センター図書出版.
西岡恒也,1978,「藤野高明さんの教員就職闘争の経過と教訓」藤野高明『あの夏の朝から――手と光を失って
  30年』点字民報社: 223-9.
大塚強,2007,「今を走る 最後まで途切れなかった夢――教員採用試験に合格した溝上弥生さん」『視覚障害
  ――その研究と情報』235: 19-24.
乙武洋匡,2007,『だから、僕は学校へ行く!』講談社.
――――,2010,『だいじょうぶ3組』講談社.
――――,2011,『オトタケ先生の3つの授業』講談社.
佐伯胖・黒崎勲・佐藤学・田中孝彦・浜田寿美男・藤田英典編,1998,『岩波講座 現代の教育 6 教師像の再構
  築』岩波書店.
坂田真穂・菅佐和子,2009,「視覚障害のある盲学校教員のストレスの研究」『京都大学大学院医学研究科人間
  健康科学系専攻紀要 健康科学』6: 53-6.
桜井厚,2002,『インタビューの社会学――ライフストーリーの聞き方』せりか書房.
――――・小林多寿子編,2005,『ライフストーリー・インタビュー――質的研究入門』せりか書房.
斎藤光,1996,「並んで歩く技術」野村雅一・市川雅編『叢書・身体と文化 2 コミュニケーションとしての身体』大修
  館書店: 94-133.
斎藤健二,2010,「夢と目標に向かって 人生回り道しても良い」『視覚障害――その研究と情報』267: 43-7.
三戸学,2008,『マイベクトル――夢をあきらめないで』グラフ社.
――――,2010,『僕は結婚できますか?』無明舎出版.
佐藤文昭,2011,『吃音センセイ――桜舞う校庭で』講談社.
佐藤郁哉,2002,『フィールドワークの技法――問いを育てる、仮説をきたえる』新曜社.
サトウタツヤ,2007,「研究デザインと倫理」やまだようこ編『質的心理学の方法――語りをきく』新曜社,16-37.
沢井希代治,1997,『夢をつなぐ――全盲の金メダリスト河合純一物語』ひくまの出版.
視覚障害者労働問題協議会,1980,『障害の地平』11.
――――,1981,「都教委におざなりな「結論」を出させてはならない――今度こそ教員採用への道を実質的に開
  こう」『障害の地平』17: 1-13.
鈴木良美・鈴木繁雄,2007,『先生、どうして足がないの?』パレード.
関原美和子,2003,『がんばれ!「ガクちゃん」先生――脳性まひの現役中学校教師の奮闘記』小学館.
高田剛,1996,『全盲先生 海外ひとり旅――ノーマライゼーション先進国をゆく』解放出版社.
田中宏史・船橋篤彦,2009,「身体障害のある人の教員採用における現状と展望」『障害者教育・福祉学研究』愛
  知教育大学障害児教育講座,5: 67-75.
田中芳則・吉原正治・松浦伸和・今ア英明・阿部哲久・鹿江宏明,2005,「聴覚に障害のある教育実習生の情報
  保障と授業運営」『広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要』33: 47-53.
谷合侑,1993,『広げよう公務員への道――全国点字試験実態調査と視覚障害公務員10人の事例集(平成5年
  度版)』盲学生情報センター.
立岩真也,2001,「できない・と・はたらけない――障害者の労働と雇用の基本問題」『季刊 社会保障研究』国立
  社会保障・人口問題研究所,37(3): 208-17.
立岩真也,2004,『ALS――不動の身体と息する機械』医学書院.
塚田守,2002,『椙山女学園大学研究叢書 9 女性教師たちのライフヒストリー』青山社.
――――,2008,『教師の「ライフヒストリー」からみえる現代アメリカ――人種・民族・ジェンダーと教育の視点か
  ら』福村出版.
徳田治子,2007,「半構造化インタビュー」やまだようこ編『質的心理学の方法――語りをきく』新曜社,100-3.
内野昇,1987,『障害者調書――新たな人間関係のために』松籟社.
Willig, C., 2001, Introducing qualitative research in psychology: Adventures in theory and method, Open
  University Press.(=2003,上淵寿・大家まゆみ・小松孝至訳『心理学のための質的研究法入門――創造的な
  探求に向けて』培風館.)
山田富秋編,2004,『老いと障害の質的社会学――フィールドワークから』世界思想社.
やまだようこ編,2000,『人生を物語る――生成のライフストーリー』ミネルヴァ書房.
――――編,2007,『質的心理学の方法――語りをきく』新曜社.
山城紀子,2003,『あきらめない――全盲の英語教師・与座健作の挑戦』風媒社.
山下幸子,2000,「障害者と健常者の関係から見えてくるもの――障害者役割についての考察から」『社会問題
  研究』大阪府立大学社会福祉学部,50(1): 95-115.
読売新聞,1979,「全盲青年、初の高校教師に」(1979年11月30日朝刊第22面).
――――,1981,「公立高3年連続の1.14倍」(1981年3月8日朝刊第20面).
――――,1982,「公立高昨年下回る1.12倍」(1982年3月7日朝刊第20面).
――――,1983,「公立高は広い門」(1983年3月8日朝刊第21面).
――――,1984,「公立高普通科は1.13倍」(1984年3月8日朝刊第21面).
油布佐和子編,1999,『シリーズ 子どもと教育の社会学 5 教師の現在・教職の未来――あすの教師像を模索す
  る』教育出版.
――――編,2009,『リーディングス日本の教育と社会 15 教師という仕事』日本図書センター.
全国視覚障害教師の会,1987,『心がみえてくる――普通校における視覚障害教師の実践記録』アド企画.
――――,2007,『教壇に立つ視覚障害者たち』日本出版制作センター.



*作成:小川 浩史
UP: 20130730 REV: 20131117
視覚障害  ◇盲ろう(者)  ◇障害者と教育  ◇全文掲載
TOP HOME (http://www.arsvi.com)