HOME > 全文掲載 >

「カンボジアの絹織物復活の軌跡、写真で紹介」

京都新聞朝刊市民版 2011/01/19
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20110119000055
[PDF]

last update:20110120

◇カンボジア 絹織物復活の軌跡
長い内戦ですたれたカンボジアの絹織物の技術を復興させた京友禅師の活動や、織り手の暮らしなどを紹介する写真展[*内藤順司氏写真展「甦るカンボジア――伝統織物の復興が、“暮らし”と“森”の再生に至るまで」:引用者注]が18日、京都市北区の立命館大学国際平和ミュージアムで始まった。子連れで楽しそうに働く母親などを撮影した写真や織物の実物も並ぶ。
 [略]
 写真展を企画したのは立命館大の大学院生や研究員ら。伝統の森などでカメラマン [内藤順司氏:引用者注] が撮影した約50点の写真を並べた。昨秋、IKTTを訪れた中倉智徳研究員(30)は「仕事場には子連れの母親が多く、とても楽しそうに働いていた。いきいきした表情を見てほしい」と話している。
 [略]



UP: 20110120 REV:20231120
全文掲載  ◇内藤順司氏写真展「甦るカンボジア――伝統織物の復興が、“暮らし”と“森”の再生に至るまで」
院生プロジェクト「労働問題・不安定生活・保証所得をめぐる国際的研究」
関連記事:京都新聞 「ひとこと 復興への活気感じて」
TOP HOME (http://www.arsvi.com)