HOME > 全文掲載 >

「「生存学」創成拠点事業推進担当者より (7)」

後藤 玲子 20110123 「生存学」創成拠点メールマガジン第10号.

last update:20110801

グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点では、事業推進担当者として教員計17人が活動しています。今回は本学先端総合学術研究科の後藤玲子のメッセージを掲載します。


2011年1月8、9日に第7回先端研国際コンファレンス「多文化主義と社会的正義」が開催された。本年のテーマは、「デモクラシーとグローバリゼーション」である。ポスターに誘われた飛入りを含め40人が集まった。“Call for Paper”のアナウンスがインターネットを通じて世界中に流されたのが昨年9月。15人の若手研究者が手を上げ、「合意と葛藤」「寛容と他者」「教育と文化」など5つのセッションで熱い報告が行われた。迎えうつコメンテーターは先端研の教員を含む5人のシニア研究者である。他に、仲正昌樹(「イマジナリーな領域への権利」の意味するもの)、ポール・デュムシェル(政治的暴力と民主主義)、後藤玲子(民主主義の非決定性を逆手に取る)が報告した。オーガナイザーの中心は、先端研のスタッフとPDと院生たち。緻密な行程表を何度も更新しながら準備を重ね、パワフルな笑顔で会を盛り上げてくれた。「組織しながらプレイする」、報告者と組織者と参加者が1つになった見事なコンファレンスであった。

◇後藤玲子(ごとう・れいこ)本学先端総合学術研究科教授。専門は経済学・経済哲学。近著に『福祉と正義』(アマルティア・センとの共著)、『Against Injustice』(ポール・デュムシェルとの共編)がある。


◇関連リンク
* 拠点事業推進担当者の一覧 http://www.arsvi.com/a/s.htm
* 個人のページ(本拠点内) http://www.arsvi.com/w/gr01.htm

*作成:大谷 通高
UP: 20110801 REV: 更新した日を全て
全文掲載  ◇経済(学) economics ◇Sen, Amartya K. セン・アマルティア
TOP HOME (http://www.arsvi.com)