HOME > 全文掲載 >

「(声)「感動した」で終わらないで」

『朝日新聞』大阪朝刊:22 20101203
[English] / [Korean]

last update:20101206

 大学院生 安田真之(京都市中京区 24)
 3日から「障害者週間」。生まれつき視覚障害のある私は、大学の福祉関係の授業などで「日ごろ感じていることを話してほしい」と頼まれることがある。
 そこでは、障害者として生活するなかでの困難や、その困難はなぜ生まれるのかといった話をする。そのうえで、私はボランティアの人に助けられたりパソコンを活用したりしてなんとか対応してきた、と説明する。すると「生き方が素晴らしい」「感動した」といった感想をいただく。だが私は、そのたびに複雑な心境になる。
 称賛されるだけでは、私が伝えたい日ごろの生活上の苦しみや社会に対する思い、聴衆一人ひとりへの期待といったことに、目が向けられるとは思えないからである。かりに感動したのであれば、その背景には語り手をそこまで懸命にさせる社会的状況があるはずである。「感動した」で終わらせず、そうした社会のあり方にこそ目を向けていただきたいのだ。
 障害者を生きづらくしている現状に社会全体が関心をもち、ではどう変えていくべきかを考えてほしい。そのことが障害者週間の趣旨である、誰もが互いに人格と個性を尊重し、支え合う「共生社会」実現への第一歩になると思う。


*作成:安田 真之
UP: 20101206 REV:
全文掲載  ◇障害者と政策  ◇障害学(Disability Studies) 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)