HOME > 全文掲載 >

レジュメ「『近代日本と小笠原諸島――移動民の島々と帝国』第8章」

岩田 京子 20100828 第15回歴史社会学研究会

last update:20101221

■文献情報:石原俊, 2007, 『近代日本と小笠原諸島――移動民の島々と帝国』平凡社.

□第八章 自由の帝国の臨界――小笠原諸島と「南洋」の系譜学(1853−1910)

目的:「〔19世紀末の〕ジャパン・グラウンドが日本帝国の「南洋」に組み込まれていく過程で展開した言説群と諸実践を、小笠原諸島をめぐる社会的・経済的状況、とりわけ「帰化人」と呼ばれた人びととの関係から検討」
→「日本帝国がその形成と拡大の局面ではらんでいた性向の一面を照らし出す」(312)
資料:航海日誌、語り・著作、記録類、日本政府の公文書

■日本帝国の形成と「南洋」
・19世紀末、「南進論」者から「南洋」開発の拠点・モデルとして注目される小笠原諸島
(ex.志賀重昂、服部徹、菅沼貞風、鈴木経勲、田口卯吉、稲垣満次郎、竹越與三郎〔矢野暢〕)
・世紀転換期の「南洋」はジャパン・グラウンドの海域とほぼ重なり合っていた(小笠原諸島以南の領域を除く)
→「南進論」「南洋進出」のなかでの「小笠原諸島の開発/社会的・経済的状況」の意味とは

■「南洋」、「自由貿易」、小笠原諸島 :日本帝国の南進論のなかでの小笠原諸島の位置づけ
服部徹――「南洋」の拠点としての小笠原諸島
・元土佐藩士。1887年、東京府知事率いる明治丸で小笠原諸島へ巡航し、『日本之南洋』著す→「東洋」とも「西洋」とも違う領域概念として「南洋」を措定(314)
・母親とともに父島に移住、『南洋策』著す→通商交易、拓殖移民=ミクロネシアからジャパン・グラウンドにかけて展開していた社会的・経済的交通を乗っ取ることを通して発展させる(316)
・ドイツ帝国のミクロネシア領有への警戒感→国防の重要拠点
 ↑
田口卯吉――「自由貿易」の拠点としての小笠原諸島
・政治経済学者
・交易に対する障壁の除去を主張(保護関税の撤廃、交易路の拡大など)、「南洋諸島に対する欧米諸定刻の統治や経営は実効性に乏しい」→「自由貿易」の格好の実験場としての小笠原諸島(328)
⇒「「我那の香港」となるべき島々」としての小笠原諸島を語る(318)
・東京府士族助産金を委託され、南島商会を組織、天佑丸を購入→輸出入を実践

玉置半右衛門――小笠原諸島から「南洋」へ
・八丈島生まれ。1860年代の幕府による殖民に、大工として参加。明治丸に便乗
・「南洋」開発論を実践(319)=1870年代後半、小笠原諸島の開発初期に公共事業を多数請負う
・万次郎の最大の後継者(328)

■ジャパン・グラウンドから「南洋」へ :日本帝国における「南洋」開発言説・実践の系譜
ペリーとボナム――アメリカ合衆国の領有宣言と殖民計画をめぐって
ペリー(米)艦隊を率い、1850年代、「自由貿易」の旗印の下に小笠原諸島を拠点とする交易や殖民を企図(323)←ボナム(英)、英国の領有を主張

ハリスとオールコック――徳川幕府の「取締」と「開拓」をめぐって
・1860年代、オールコック(英)やハリス(米)、「自由貿易」路線を前提に島の領有を主張せず(325)
・幕府、小笠原諸島における排他的・主権的な法の導入にこだわる一方で、外国船の入港自由を保障、関税賦課せず=例外的措置を重ねる

万次郎から半右衛門へ――日本の「自由貿易」の前線にて
万次郎:自身が移入した言説に基づいて、日本帝国にとっての「自由貿易」実験場を小笠原諸島−ジャパン・グラウンドに見出し、この海と島々の開発を実行に移していった(327)

■発見される「帰化人」 :世紀転換期に「自由貿易」路線の影響下にある「南洋」開発論
服部のまなざし――豊かな交通の発見
日本帝国の小笠原諸島に対する公式帝国としての立場が維持できればよかった(330)

田口のまなざし――「自由貿易」の先行条件
小笠原諸島の社会的・経済的実態を黙認し、越境的な漁労を法文上の次元でも追認(332)

■焦点としての遠洋漁業――「帰化人」労働力の動員計画
:主権的介入の対象になる労働の場、「帰化人」がそれのどう対応したか
乗っ取られることへの怒り――生起する「帰化人の感情」
「自由貿易路線の影響下で構想された小笠原諸島を拠点とする「南洋」開発論は、「帰化人」の経済活動を理想的先行条件として「発見」しつつ(中略)主権的介入によって彼らの生をコントロールしようとする傾向を強めていった」(337)

■自由の帝国の臨界 
模倣される帝国――〈自由貿易の帝国主義〉をめぐって
・「自由帝国主義」(ジョン・ギャラハー、ロナルド・ロビンソン+高橋)
「日本帝国の「南洋」開発の系譜は、「世界的範疇」としての帝国主義の渦中にこそ見出される」(340)
:帝国の膨張には連続性がある/そもそも帝国主義とは関係概念であり「複数の帝国の間の〈間〉から不断に(再)構成され続ける過程的全体性を表す理論なのである」(339)
  ←レーニン:1880年代を「自由貿易」から「帝国主義」への転換点とみなす段階的帝国主義観



*作成:岩田 京子
UP: 20101221 REV:
全文掲載  ◇石原 俊 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)