HOME > 全文掲載 >

作業療法の現代史・1976〜1980

田島明子(吉備国際大学保健科学部作業療法学科、立命館大学大学院先端総合学術研究科)

20100516 第36回日本保健医療社会学会 於:山口県立大学(ポスター報告)


 *パワーポイントはこちら


1. 研究の目的
 筆者は昨年の学会において、理学療法士法及び作業療法士法の成立した1965年から1975年までの10年間(以下、初期の10年間とする)における日本の作業療法の医療職化と独自性の明確化をめぐる葛藤や対立、困難について俯瞰したが、本稿はその続編である。本研究では1976年から1980年における作業療法(学)の言説化の営みについて、作業療法に関する学術雑誌における文字情報を頼りとして明らかにすることを目的とした。

2.対象と方法
 対象:1976年から1980年において作業療法に関わる唯一の学術雑誌であった『理学療法と作業療法』(医学書院)より、1976年から1980年の目次を検索し、「作業療法」とタイトルに含まれていた文献をすべて対象とした。対象文献数は、1976年が32件、1977年が17件、1978年が15件、1979年が13件、1980年が15件であった。
 分析方法:1)分析する文献の特定:日本における作業療法について記載のある文献をさらに特定し、2)基礎データ化:(1)作業療法(学)を形成する言説と捉えられ、(2)文献内容を説明している、あるいは、文献内容の核心的な論点である文章を抜粋し、基礎データ化した。3)カテゴリ化:基礎データを通覧し、データはおよそ4つの視点――(1)対象領域の拡大化、(2)他職種との協働、(3)作業療法自体の問題性、(4)精神科作業療法――に集約できると判断できたため、それら4つの視点に集約した。4)文章化にあたって:基礎データは、分析可能な量として分節化するために、対象文献にデータ番号(作成年-表1の番号)を付し、さらに、基礎データには抜粋した文章の頁数を明らかにしているので、データ番号-頁数を分析対象となる文章のデータ番号とした。

3. 結果
 1976年から1980年までの作業療法(学)における言説化の動向として、次の4点が明らかになった。1)対象領域が、疾患・障害別、活動領域の2つの視座から拡大していることが明らかとなった。疾患・障害については、より支援が困難な多様な疾患・障害を対象化していること、活動領域については、より在宅や社会的活動に接近した領域での取り組みが増えていた。2)他職種との関わりについては、対象者の訓練適応の観点から心理職との連携が、時代的趨勢の影響により養護学校や職業リハビリテーションにおける他職種との連携が、実践について科学的裏付けを得る目的でのリハ工学との連携が期待されていた。3)作業療法学の形成については、初期の10年間からは一歩進み、より具体的に、その独自性を特定化した形での言説が増えていた。それを整理するなら、ADLやActivity、適応的作業能力を導きだすこと、作業の治療的活用である。4)精神科作業療法については、患者との関係について、セラピストが患者の病理を作り出し、病院に抱え込んでいるのではないかという意見、医師との関係については、セラピストは主体性なく、無責任な治療を行っているのではないかという意見、他には社会の側の精神障害に対する無理解が精神障害者の社会復帰を妨げているのではないかとする見方が提示され、問題を精神障害者本人に帰属せず、外部要因に帰属させる見方が提示されていた。


UP: 20100524
全文掲載
TOP HOME (http://www.arsvi.com)