HOME > WHO > O'Hagan, Mary >

抜粋訳「オンタリオ州のコンシューマー・サバイバーのイニシアチブ――公平な未来を造る」

O'Hagan, Mary, Heather McKee and Robyn Priest 200906 "Consumer Survivor Initiatives in Ontario: Building for an Equitable Future," Ontario Federation of Community Mental Health and Addiction Program 104p.
【原文】 http://www.maryohagan.com/resources/Peer%20Services%20in%20Ontario.pdf


Tweet
last update: 20150803


p.17.

In this report we define mainstream organizations as mental health organizations that are not run by consumers/survivors.
このレポートにおいて,私たちは,主流の組織を,コンシューマー/サバイバーによって運営されていない精神医療の組織と定義する。

p.19.

Consumer/survivor initiative is an Ontarian term. Other provinces and countries may use:
・peers, service users or clients instead of consumers or survivors
・services, programs, organizations or supports instead of initiatives.
This diversity in language sometimes just reflects simple word differences between countries, but it may also reflect differences in ideology. For instance, in some other parts of the world survivors are associated with the radical end of the movement whereas consumers are moderates, though it has been suggested that the distinction between the two is more complex in Ontario
コンシューマー/サバイバーのイニシアチブというのは,オンタリオ州の言葉である。ほかの州や国では,次のような〔言葉を〕使うかもしれない。
・コンシューマーまたはサバイバーの代わりに,ピア,サービスのユーザー,クライエント
・イニシアチブの代わりに,サービス,プログラム,組織,支援
この言葉の多様性は,ときには国の間の単なる言葉の違いを反映している。しかし,それは,観念における違いも反映しているかもしれない。たとえば,オンタリオ州では,その2つ〔サバイバー,コンシューマーという言葉〕の間の距離はより複雑であると言われているけれども,世界のほかのいくつかの地域では,サバイバーは運動の過激な部分,一方で,コンシューマーは穏健な人たちを連想される。

p.28.

Others said that people in the mainstream mental health system do not understand CSI〔Consumer/Survivor Initiatives〕 history, values and difficulties. This means they are likely to regard CSIs as either second-rate or just like mainstream services that happen to be run by consumers/survivors. They asserted that CSIs really need to be regarded as ‘equal but different’.
〔オーヘイガンらが話を聞いた〕ほかの人たちは,主流の精神医療体制で〔働く〕人々は,CSIの歴史や価値観や困難を認識していないと言う。このことは,彼ら〔主流の精神医療体制で働く人々〕がCSIを二流,または偶然コンシューマー/サバイバーによって運営されている主流のサービスのようなもののどちらかとみなしていそうなことを意味する。彼ら〔ほかの人たち〕は,CSIは本当は「同じ,しかし違うもの」とみなされる必要があると主張する。

p.42.

Intentional peer support is a philosophy and a methodology that encourages participants to step outside their illness and victim story through genuine connection, mutual understanding of how we know what we know, redefining help as a co-learning and a growing process, and helping each other move towards what we want.
意図的なピアサポートは,本物のつながり,私たちが知っていることを知る方法の相互の理解,助けを相互の学習や成長の過程と定義し直すこと,私たちが求めるものに向かって進むのを互いに助け合うことを通して,病気や患者の物語の外へ出るよう参加者を促す哲学と方法論である。

p.47.

Different cultural groups also vary enormously in their understanding of madness; the groups that stigmatize madness the most or view it as a spiritual matter are more likely to stay away from services and CSI supports.
文化の異なる集団は,狂気の認識も大きく異なっている。その集団が,狂気に汚名を着せるか,それ〔狂気〕を精神的な出来事と見るかは,〔精神医療〕サービスとCSIの支援とでは離れていそうである。


翻訳:伊東 香純(20150727)



*作成:伊東 香純
UP: 20150803 REV:
O'Hagan, Mary  ◇精神障害/精神医療
TOP HOME (http://www.arsvi.com)