HOME > WHO > O'Hagan, Mary >

抜粋訳「今日の精神医療のためのリカバリーについての記事」

O'Hagan, Mary 2009 "Recovery Article for Mental Health Today"
【原文】http://www.maryohagan.com/resources/Text_Files/Recovery%20for%20Mental%20Health%20Today.pdf

Tweet
last update:20150803


p.2. 2段落

Perhaps the most fundamental institutional era belief that still drives services is the view that madness has no legitimacy. Most people experience major mental health problems as frightening, desolate and even destructive. The pain of madness is probably on a par with major grief, torture, surviving a battlefield, or being falsely accused of a serious crime. There’s a big difference though; these other experiences have legitimacy. Society enables a pathway though them towards growth, recovery or justice. Though they are not well understood by the majority, surviving them is often regarded as admirable or heroic. Madness however, is met with pity, fear and reproach. It does not have status as a full human experience, and this has provided justification for cruelty, segregation and coercion. No society or mental health system built on this bedrock belief will ever do well for people with major mental health problems. The recovery philosophy however, undoes our traditional beliefs about madness by giving it meaning, full human status and a pathway to a better life.

もしかすると,いまだにサービスを動かしているもっとも基本的な施設収容の時代の考え方は,狂気は何の正当性ももたないという見方なのかもしれない。多くの人が,主要な精神的な問題を,ぎょっとさせるものやさびしいものとして,さらに破壊的なものとしてさえ経験している。狂気の苦痛は,主要な悲嘆,拷問,戦場での生き残り,誤って重大な罪で訴えられることと同じくらいかもしれない。けれども,そこには大きな違いがある。つまり,ほかの経験〔主要な悲嘆,拷問,戦場での生き残り,誤って重大な罪で訴えられること〕には正当性があるのだ。社会は,それらに成長,回復,報いへの道を認める。それらは,多数派には十分に理解されないけれども,それらを切り抜けて生きることは,しばしば賞賛に値することや勇敢なこととみなされる。しかし,狂気は,哀れみや恐れや叱責に遭遇する。それは,豊かな人間的な経験としての地位をもたない。このことは,残酷な行為や隔離や強制に〔それらを〕正当とする根拠を与えてきた。この基盤となる考え方〔狂気は何の正当性ももたないという見方〕を基礎とする社会は精神医療体制は,主要な精神的な問題を抱える人々にとってうまくいっていたことがこれまでに一度もない。しかし,リカバリーの考え方は,それ〔狂気〕に意味や豊かな人間的な〔経験であるという〕地位やよりよい生活への道を与えることで,狂気に関する従来の考え方を無効にする。


p.2. 5段落

The devaluing of madness combined with community abdication has led to a naive and simplistic community consensus around personal safety and mental health, based on a discriminatory assumption that mad people cannot be responsible for their behaviour. Therefore mental health experts and services must take total responsibility for people with mental distress, particularly those in crisis, who should be contained and tightly controlled. When something goes wrong mental health services are fully to blame. There are some unsustainable assumptions in this consensus - that mad people like robots, have no free-will, that professionals have magical powers of prediction and that coercion will make communities much safer. Unfortunately, this unrealistically demanding consensus has led to risk-averse practices in mental health, such as compulsory treatment, locked doors and other restrictions on liberty.

地域社会の責任の放棄と結びついた狂気の価値を減じることは,個人の安全や精神的な健康についての世間知らずで短絡的な地域社会の意見の一致へ誘導した。このことは,狂人は自身の行動に責任を負えないという差別的な前提に基づいている。それゆえに,精神医療の専門家やサービスは,精神的な苦痛を抱える人々,特に危機的状態にある人々のすべての責任を負わなくてはならない。彼ら〔精神的な苦痛を抱える人々〕は,囲い込まれ厳重に管理されるべきなのである。何か失敗をしたときには,精神医療サービスに完全な責任があるのだ。この意見の一致には,いくつかの支持できない前提がある。それは,狂人はロボットのように,自由な意思をもっていないこと,専門家は〔狂人について〕予言する魔法の力をもっていること,強制は地域社会をとても安全にすること,である。残念なことに,この非現実的な有害な意見の一致は,矯正治療や閉鎖された扉やそのほかの自由を制限といった危険を冒すことを嫌う実践へと誘導する。



翻訳:伊東 香純(20150727)


*作成:伊東 香純
UP: 20150803 REV:
O'Hagan, Mary  ◇精神障害/精神医療
TOP HOME (http://www.arsvi.com)