HOME > 全文掲載 >

新聞記事「点字受験:保健師分野でも可能に 大阪市」

『毎日新聞』朝刊 20091019


「点字受験:保健師分野でも可能に 大阪市」

 大阪市は、視覚障害のある人向けの点字受験を保健師採用試験でも認めることに決めた。同市では今夏、保育士採用試験で受験資格を満たしている全盲の保育士、小山田みきさん(31)=同市=の点字受験を拒否していた問題が発覚。保育士採用試験で点字受験を認めることに改め、保健師分野でも検討した結果、試験要綱に「受験可能」の旨を明記することにした。

 同市健康福祉局によると、来春採用の保健師採用試験の実施は未定で、年末までに決める。今春採用の試験要綱では、受験資格を「73年以降に生まれた保健師免許を持つ(見込み含む)者」とし、点字受験の可否は特に記載していなかった。

 また小山田さんは18日あった同市の保育士採用試験(短大卒程度)に挑戦した。5人程度の採用予定枠に298人の申し込みがあり、競争率約60倍の狭き門。小山田さんは「これまで受験さえできなかったのが、受けられただけでも良かった」と笑顔で話した。試験結果は12月中ごろまでに出る。【遠藤哲也】

091019『毎日新聞』朝刊


*作成:岡田清鷹
UP:20091019 REV:
全文掲載  ◇DPI日本会議
TOP HOME(http://www.arsvi.com)