>HOME >全文掲載

ここをクリックするとページにひらがなのルビがつきます。

澁谷 智子「聞こえない親の子育て」

障害学会第6回大会・報告要旨 於:立命館大学
20090927


◆報告要旨
 澁谷 智子(埼玉県立大学非常勤講師)
 「聞こえない親の子育て」

 障害のある親の子育ては、障害の種別や程度によって障害者の経験が異なっていることを浮彫りにする。重度の身体障害を持つ人にとっては、結婚と出産自体が敷居の高いものになっており、重度身体障害者の自立生活やセクシュアリティが論じられる中では、障害者の親子関係は、障害をもたない親と障害をもつ子の関係に偏って取り上げられることが多かった。そこでは、ケアを与える側と受ける側は、親子という軸においても、非障害者と障害者という軸においても、固定して考えられる傾向にあった。この発表では、障害のある人の「定位家族」ではなく「生殖家族」に注目し、障害のある人が親として子育てを行なうときの意識を取り上げたい。
 特に本発表が論じるのは、聞こえない親の子育てについてである。聴覚障害は、視覚障害と並んで、就労して経済的な基盤を持つことが期待されてきた障害であり、こうした障害を持つ人々にとっては、結婚や子どもを持つことは比較的予想可能な選択肢として考えられている。しかし、実際に子どもを持つに至った障害者が経験するのは、障害者の子育て能力を疑う世間の視線であり、障害のない親との比較である。発表では、聞こえない親の語りや手記の分析から、聞こえない親が感じている社会的バリアの実態を明らかにする。
 データとして用いるのは、1995〜2002年に活動したデフ・マザーズ・クラブの会報、埼玉県聴覚障害者協会婦人部子育て班の発行した『聴こえない人の子育て』(2000年)、大阪聴力障害者協会女性部子育て班の「聞こえない親と聞こえる子ども」(2005年)と、発表者が2004〜2009年に行なった聞こえない母親へのインタビュー調査13件である。それらの分析の中から見出だされた、「障害の遺伝についての意識」「障害者の子育て能力を疑う周囲のまなざしへの反応」「自分にできない教育を補うための保育園の利用」「他のお母さんと親しくなる上での困難と努力」という論点に沿って考察する。

◆報告原稿

聞こえない親の子育て

澁谷智子(埼玉県立大学 非常勤講師)

1.はじめに

 障害のある人の親子関係は、これまで障害のない親と障害のある子の親子関係に偏って取り上げられ、障害のある人が自ら作る「生殖家族」については、あまり注意が向けられてこなかった。多くの社会では、障害者介助においては「ケアする非障害者とケアされる障害者」、育児においては「ケアする親とケアされる子ども」というように、今なおケアの受け手と担い手が固定して考えられる風潮が強い。

 障害のある親は、自分の参考となる子育て情報が少ない中で、さまざまに試行錯誤している。妊娠期から子どもの結婚に至るまで、障害のある人は、子育てという面でも、障害の遺伝に対する恐れや障害者の子育て能力を疑う世間の視線など、さまざまな社会的バリアを経験している。

 今回のポスター報告では、今まで発表者が行なってきた「聞こえない親をもつ聞こえる人々(コーダ=CODA: Children of Deaf Adults)」についての研究から、聞こえない親の子育てに関するいくつかの論点を挙げる。報告のデータとするのは、2004年3月〜2009年3月に行なった13人の聞こえないお母さんへのインタビュー、2005年10月〜2006年2月に行なった10人のコーダへのインタビュー、聞こえない親の子育て関連の会(「デフ・マザーズ・クラブ」、「埼玉県聴覚障害者協会婦人部子育て班」、「大阪聴力障害者協会女性部子育て班」、「手話で子育ての会」)で出された出版物や、そうした会の活動の参与観察の記録である。以下では、これらの分析から見出した4つの点について、大まかに見ていきたい。

2.聞こえないことの遺伝についての解釈
 
 聴覚障害は遺伝によるものもあり、生まれた子どもが聞こえるか聞こえないかは、親や祖父母の関心の一つとなっている。しかし、聞こえないことの遺伝をどう捉えるかには、時代の変化も反映されている。

 以前は、次世代への聞こえないことの継承は、優生学的な観点から否定的に考えられていた。聞こえない親自身もそうした意識を内面化しており、聞こえない子を持つ聞こえない親の語りでも、子どもが聞こえないとわかった時のショックがしばしば語られている。「1歳の時に、娘が聞こえないとわかった。声で呼んでも振り向かない。帝京病院の**先生に連れていった。3時間も待たされた挙句、ろうだとわかった。ショックだった」(2004年4月14日のAさんへのインタビューより)。こうした親のショックには、聞こえない自分が聞こえない子の発話訓練をどう行なえばいいのかなど、「障害のある子」の訓練の施し手としての親イメージも影響していた。

 しかし、1990年代半ば以降、日本でも「ろう文化」という概念が紹介され、若いろう者の間では、言語としての手話、文化としての「ろう」を次世代に継承するという意識も持たれるようになってきている。「私は、子どもが産まれるなら聞こえない子どもがいい、と思っていました。日本人が子どもを日本語で育て、フランス人がフランス語で育てるのと同じように、聞こえない私たちは、自分の子どもを手話で育てたい、と考えました。聞こえない自分の生き方やアイデンティティを、同じ聴こえない子どもなら対等に伝えることもできます」(子育てひろばネットワーク 2005: 33)。

 こうした「ろう文化」言説の広まりは、聞こえない親子においては、親子で体験を共有し、コミュニケーションをスムーズにはかれるというプラス面があることへの気づきをもたらした。さらに、子どもも聞こえない場合には、親が子どもをケアするという規範が、非障害者が障害者をケアするという規範とぶつからず、親が親としての権威を保ちやすい面もあるようである。実際、聞こえない親の経験や人脈は、聞こえない子どもにとっても意味のある資源となっている。

 一般には、障害の遺伝は忌避される事態と考えられているが、親子の関係においては、子どもが同種の障害を持つことは親の障害が突出しない効果を産み、ある意味、親子関係がノーマライズされる側面があることは、注目すべき点であろう。

3.障害者の子育て能力を疑う周囲のまなざし
 
 聞こえない人は、生活の中で常に介助を必要とするわけではない。しかし、聞こえる人と比較される中では、その子育て能力が心配されることもある。特にそれが表面化しやすいのは、聞こえない親が聞こえる子(コーダ)を育てる場合の音声言語教育においてである。
 
 手話を使う聞こえない親の元で育つコーダは、口を動かしてしゃべっていても、声が伴っていないことがある。声を出さずにしゃべるコーダの姿は、聞こえる親族に不安を抱かせる。あるコーダは、インタビューの中で自分の幼い頃の話を次のように語っている。「まわりが言うんですよね。聞こえるおばあちゃんとか、「声が出てないよ」って。心配するみたい。やっぱり。言葉の遅れとか」(澁谷 2008: 103)。発音の違いや日本語の語彙の少なさも、手話で育つコーダについて心配されることであり、それが乳幼児健診のスタッフや保育園の保育士などによって指摘されることもある。こうした音声言語の発達の「遅れ」は、親の聴覚障害からもたらされる否定的な結果として扱われやすく、聞こえる子どもが手話と日本語の二言語環境で育っているゆえのバイリンガリズムとしては、あまり見られない。

 聞こえるコーダの音声言語については、小学生ぐらいになるとあまり心配されることもなくなってくるようだが、それでも、何か問題が起こった時には、それが「親が聞こえないから」と結びつけて説明されてしまう風潮は根強く存在する(澁谷 2009: 98-9, 162-3)。

4.保育園の利用に対するアンビバレントな思い

 聞こえない親に限らず、障害のある親が障害のない子どもを育てる場合、親は、自分のインペアメントが子どもの教育ニーズを満たせないと感じる時がある。聞こえない親の場合には音声言語教育、見えない親の場合には視覚教育が焦点となり、従来、それを補う方法として、保育園の利用が進められてきた。

 しかし、近年では、聞こえない親の間では、聞こえる子どもが幼いときに音声言語環境で長く過ごし、声のやりとりの基本を身につけることは、親子のコミュニケーションを難しくする面があることも認識されている。保育園の利用は、子どもと親が共有するコンテクストを少なくし、子どもが保育園で覚えてきて発するさまざまな声の言葉に対して、親が効果的にフィードバックを与えることを困難にするからである。聞こえない母親の一人は、聞こえる息子の幼児期を振り返って次のように語っている。「アイスクリームが食べたいというレベルなら、なんとか理解はできました。私は一応しゃべれるので、想像しながら息子の「うん」「ちがう」というのを見ながら判断できましたが、細かい話になると、息子の口だけではもうわからなくなります。息子が泣き出すと、なおさら口の形がどんどん変になっていくのでますますわかりません。「何を言っているのかわからない」と言うと、息子は泣き叫んでパニックになります。私もつらくてぽろぽろ涙を流しました」(澁谷 2009: 64)。

 このように、聞こえる子どもの乳幼児期の教育が音声言語中心になることは、聞こえない親が子どもと双方向でやりとりできる範囲を狭め、親の自信を揺らがせてしまう面もある。子どもの音声日本語の発達を気にかけつつも、子どもが音声で言う内容がわからず心苦しく思うジレンマは、聞こえない親の多くに経験されている。

5.他のお母さんと親しくなる上での困難と努力

 聞こえない親の語りにおいてしばしば言及されるのは、他のお母さんとのつきあいについてである。保育園や幼稚園、学校の先生、子どもの医療機関などとのコミュニケーションでは、相手もコミュニケーションの必要性を認識しており、1対1の筆談などもわりと成立しやすい。しかし、お母さん同士のつきあいにおいては、聞こえない親の側が意識的に働きかけないと、つながりそのものができなくなってしまう。「やっぱり自分から聞こえないことをアピールする。自分から言わないとまわりは理解してくれない。その意味で、努力した。友達を作る」(2009年11月1日のIさんへのインタビューより)。聞こえない親の多くは、かなり意識して、聞こえるお母さんとの関わりを作っていた。親子遠足の時に父母の会の役員さんを探して、必要な情報を書いてくれるように頼んだり、子どもの仲の良い子の親との共通の話題を探り、筆談やFAXのやりとりをしたりする。こうしたコミュニケーションは、聞こえない親にとってはエネルギーを要することだったが、そのようにしなければ、いざという時に情報を教えてくれたり助けてくれたりする理解者がいなくなってしまうと認識されていた。

5.まとめ

 以上、聞こえない親へのインタビュー、コーダへのインタビュー、聞こえない親の会の活動での参与観察や出版物の分析をもとに、「聞こえないことの遺伝についての解釈」「障害者の子育て能力を疑う周囲のまなざし」「保育園の利用に対するアンビバレントな思い」「他のお母さんと親しくなる上での困難と努力」という論点を挙げた。

 子育ての現場においては、聞こえない親は圧倒的に少数派である。聞こえない親が聞こえない子を育てる場合には、親は子どもの生きる世界の見通しを立てながら親役割を果たしていけるところがあるが、聞こえない親が聞こえる子を育てる場合には、親は子どものために、聞こえる人を前提とした基準での親役割を引き受け、そのために葛藤を感じることも多い。

 聞こえない親の子育てについての意識は、その時代や社会における望ましい育児についての言説、聞こえないことについての見方、そして、子ども・祖父母(親族)・他の母親・子どもの保育園や学校の先生と聞こえない親との相互行為の中で形作られていく。今回の報告ではいくつかの論点を挙げるに留まったが、今後、障害のある人が親としての役割を果たす時に直面する社会的バリアの構造を、より深く論じたいと思う。

参考文献

Barnes, Colin, Geof Mercer and Tom Shakespeare, 1999, Exploring Disability: A Sociological Introduction, Cambridge: Polity Press.(=2004,杉野昭博・松波めぐみ・山下幸子訳『ディスアビリティ・スタディーズ――イギリス障害学概論』明石書店.)
デフ・マザーズ・クラブ,1995〜2002,「DMC会報」第1号〜第32号.
広沢里枝子,2003,「命と障害をリレーする」.
――――,2004,「自分の家族をもつ障害者の立場から」.
――――,2007,「自分の家族を持つ障害者の立場から」旭洋一郎・吉本充賜編『障害者福祉論 基本と事例の詳細』学文社.
Keith, Lois and Jenny Morris, 1996, ‘Easy Targets: A Disability Rights Perspective on the ‘Children as Cares’ Debate’ in Morris, Jenny ed, Encounters with Strangers: Feminism and Disability, London: The Women’s Press, 89-115.
Olsen, Richard and Harriet Clarke, 2003, Parenting and Disability: Disabled Parents’ Experiences of Raising Children, Bristol: The Policy Press.
大阪聴力障害者協会女性部子育て班,2005,「聞こえない親と聞こえる子ども」子育てひろばネットワーク『どや』26-34.
Preston, Paul, 1994, Mother Father Deaf: Living between Sound and Silence, Cambridge, Massachusetts / London, England: Harvard University Press.(=2003,澁谷智子・井上朝日訳『聞こえない親をもつ聞こえる子どもたち』現代書館.)
――――, 2003, ‘Parents with Disabilities and their Children without Disabilities’ 2003年10月11日障害学会設立総会記念講演原稿.
埼玉県聴覚障害者協会婦人部子育て班,2000,『聴こえない人の子育て』.
瀬山紀子,2002,「声を生み出すこと――女性障害者運動の軌跡」石川准・倉本智明編『障害学の主張』明石書店,145-73.
――――,2005,「障害当事者運動はどのように性を問題化してきたか」倉本智明編『セクシュアリティの障害学』明石書店.
澁谷智子,2001,「文化的境界者としてのコーダ:「ろう文化」と「聴文化」の間」『比較文学』44,69-82.
――――,2008,「聞こえない親をもつ聞こえる人々――文化の中で自己の語りはどう作られるのか」(東京大学大学院総合文化研究科2008年博士論文).
――――,2009,『コーダの世界――手話の文化と声の文化』医学書院.
視覚障害者支援総合センター,2003,『しなやかに生きる見えない女たち』博文館新社.
Thomas, Carol 1997 “The Baby and the Bath Water: Disabled Women and Motherhood in Social Context,” Sociology of Health & Illness 19(3), pp.622-643.
土屋葉,2007,「障害の親をもつ、非障害の子どものライフストーリー:「障害」への意味づけを中心に」福祉社会学会第5回大会発表原稿,2007年6月23日.

*作成:
UP:20090905 REV:20090925
全文掲載  ◇障害学会第6回大会  ◇障害学会第6回大会・報告要旨

TOP HOME (http://www.arsvi.com)