>HOME >全文掲載

ここをクリックするとページにひらがなのルビがつきます。

河村 真千子「障害と非障害の狭間で生きる障害者の兄弟姉妹――文化・社会的な適応」

障害学会第6回大会・報告要旨 於:立命館大学
20090927


 河村 真千子(東京大学大学院経済学研究科特任研究員)
 「障害と非障害の狭間で生きる障害者の兄弟姉妹――文化・社会的な適応」

  障害者の兄弟姉妹(以下、きょうだいと表記)の社会適応や心理的な問題に関する研究は、これまで主に家族システム理論の観点からおこなわれてきている。そうした背景から家族支援が提唱され、きょうだいへの支援も着目されつつある。本研究においては、そうした先行研究の知見を概観したうえで、文化的視点に立脚し、検討する。
  文化心理学の理論的枠組みにおいては、文化的で社会的な適応をするときにもたらされる心理学的な過程は、関連した文化的複合体の個人の内部の位相として概念化されると考える。心の要素と社会の要素の両方からなる複合体を分析のユニットとする視点に立脚し、認知とは根本的に社会的であり、その性質は社会の性質に由来し、同時に社会の性質の構成要素になっているということに焦点を置いている。つまり、社会の性質と個人の心の性質を、片方から他方を演繹できるような別々の属性として考えるのではなく、一つの複合体の別々の側面としてとらえる。すなわち、文化的視点からきょうだいの社会・心理的適応について分析するということは、きょうだいのもつ個々の心理プロセスを、社会・文化システムの一部、一つの位相として概念化するということである。そうした時、きょうだいの適応の形態の相違は、純粋に個々の心理学的な産出物ではなく、様々な社会的で文化的な過程によって、結果として産出され、引き起こされる。
  実際に、きょうだいの社会・心理的適応の形態は、さまざまである。よって、ある種の関係性が、他の形態の関係性よりも何らかの意味で「望ましい」とか「良い」と判断する根拠が極めて乏しいように思われる。関係性の性質の相違、バリエーションを、「進化」の枠組みで解釈しようとすることが、問題性を孕み、問題の本質的理解を歪めてしまう。よって、きょうだいの社会適応・心理的な問題は、文化慣習とそれに連動した心理傾向を系統的に探索する視点から理解する必要がある。

*作成:
UP:20090904 REV:
全文掲載  ◇障害学会第6回大会  ◇障害学会第6回大会・報告要旨

TOP HOME (http://www.arsvi.com)