HOME > 全文掲載 >

「福間良明氏の仕事を/から学ぶ2――歴史社会学の論文の役割」

櫻井 悟史 20090821 第8回歴史社会学研究会レジュメ


◇書誌情報:福間良明「「原爆マンガ」のメディア史」『「はだしのゲン」がいた風景』. 梓出版, pp.10-58

◆目的:テクストを載せた「器=メディア」に着目することで、「はだしのゲン」の需要状況や社会的位置を捉えること

◆中沢啓治:マンガで原爆を扱うことに消極的→(理由)被爆者差別→母の死をきっかけに方向性を転換(ABCC、母の骨)→「日本人の手で戦争の責任が追及され解決されているか?」「日本人の手で原爆問題が追及されて解決されたか?」
→「怨み」という情念から、「戦争責任」「原爆問題」掘り下げて考えようとする公的な議論の生成が意図されていた(14)

◆「黒い雨にうたれて」:大手出版社(掲載不可)→三流、四流雑誌へ(青年コミック誌『漫画パンチ』):「不健全」な青年コミック誌に典型的な「残酷モノ」
◆「ある日突然に」:時代状況の変化→『週間少年ジャンプ』編集者に「原爆マンガ」掲載をもちかける→なぜ少年誌に掲載されたか:『少年ジャンプ』の後発性→原爆に対する国民の無知を知る

◆「はだしのゲン」:「原爆漫画家」不本意→天皇批判→自らの被爆体験と天皇の戦争責任問題を結びつけて「はだしのゲン」を構想→1973年6月より『週間少年ジャンプ』にて連載開始
○中沢の意図:リアリティの追求(わかりやすさや口当たりのよさを拒否)「原爆の残酷な場面を見て、『怖いっ!』『気持ちが悪いっ!』『二度と見たくないっ!』と言って泣く子が、日本中に増えてくれたら本当によいことだと私は願っている」→マンガという媒体ゆえの戦争体験の「語り難さ」にこだわる困難→妥協
○時代状況の変化:浅間山荘事件、70年安保問題、沖縄の本土復帰→輿論の関心にならず
→「はだしのゲン」未完のまま中断

◆単行本の発刊:集英社からではなかった(政治的なテーマを扱う作品が単行本になると、出版社のイメージが損なわれかねない)→『朝日新聞』横田喬記者:原水禁運動に対する不満→1975年5月汐文社より単行本化
○「ゲン」の受容:ベストセラー化(新聞・テレビによる紹介)→映画化:オーディエンスの拡大(「子ども」から「大人」へ)
→大江をはじめとする少なからぬ読者は、既存の原爆イメージを壊し、わかりやすさや心地よさへの回収に徹底的に抗おうとする中沢の姿勢をそこに見ていた(33)
○入手経路:(1)親の薦め(2)映画、新聞の特集記事→日生協のカタログ:母親にとって「健全」に(3)学校図書館や学級文庫への流入(最も大きな要素)
→もっとも、児童たちは主体的にこのテクストを手に取ったというよりは、『はだしのゲン』が学校にある唯一のマンガであったがゆえに、この作品が読まれたというのが実状(34)
○学校にマンガがある意味:(1)「マンガでありながら、学校でさえも安心して読むことができるテクスト」(2)何年にもわたって児童たちに読み継がれること
→学校に『はだしのゲン』が入り込む前提として、書籍化は不可欠であった:雑誌ではなく、本というメディア

◆『市民』:「無党派革新」の論壇誌『市民』に『はだしのゲン』の続編連載→社会的位置づけの変化:「子どもが読むもの」「低俗なもの」ではなく、新たな政治動向を模索する「無党派革新」の大人たちにも受容され始めたことを意味
→なぜ、そのような市民運動系雑誌が『はだしのゲン』を取り上げたのか
時代状況:(1)反原発運動 (2)既成政治組織への反感

◆『文化評論』:日本共産党系の論壇誌→本来であれば、共産党と『はだしのゲン』は相容れないはずであった→原水禁運動をめぐる共産党の「転向」(共産党の意図:ソ連や中国の核を「平和の核」と賛美していた共産党の過去を読者から覆い隠し、現在のスタンスを正当化するのに有効)→「統一」の綻び明らかに→1980年3月『はだしのゲン』連載終了
→「子ども」の読者を生み出す(雑誌『市民』にも共通)→「進歩」的な「大人たち」が「子ども」に薦め得るだけの「健全」なテクストとして認知

◆『教育評論』:日教組の機関誌→『はだしのゲン』は「原爆マンガ」であると同時に「教育マンガでもあった:1980年代の教育問題(1)「高校全入運動」(2)「君が代・日の丸」問題(3)「教科書問題」

掲載誌が変わるに伴い「ゲン」に対する位置づけは微妙に変質→「わかりやすい」ものとして受容されていた点では、概ね一貫→中沢啓治の意図との齟齬
→「はだしのゲン」が母親や教師によって子どもに手渡され、また、左派論壇誌に連載されるほどに、「健全」で「進歩」的になっていく傍ら、その受容において、目を背けたくなるような「リアリティ」は掻き消されていった(50-51)

◆結論
「はだしのゲン」はこうしたプロセスを経て、「正典」となった。それは何も、「内容」のみによって想定されるのではなく、さまざまなメディアに移しかえられ、また、それによりその時々の社会状況に合わせた読みがなされた結果、構築されたものであった。
→ただ、そのように「健全」な「正典」となる一方で、ともすれば、戦争体験の語り難さのようなものから、読者は遠ざかることになった→中沢が何とか描写しようと苦悶したそうした語り難い戦争体験が読み込まれることは稀であり、むしろ「感動」や「平和学習」の「健全」な語り口に、その読みは収斂されていった。
→戦争体験を「健全」に語ってしまう「不健全さ」


*作成:櫻井 悟史
UP:20090821 REV:
全文掲載  ◇歴史社会学研究会
TOP HOME (http://www.arsvi.com)