HOME >

英国における尊厳死法案をめぐる攻防1――2003−2006

○的場和子1) 藤原信行1) 堀田義太郎2) 20070519
1)立命館大学大学院先端総合学術研究科公共領域 2)立命館大学衣笠総合研究機構
日本保健医療社会学会第33回大会 於:新潟県医療福祉大学
http://square.umin.ac.jp/medsocio/index.htm

last update: 20151224

的場 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/mk04.htm
藤原 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/fn01.htm
堀田 http://www.arsvi.com/0w1/htystru.htm

  [要旨]

はじめに】現代は、いつ誰を死なせてよいか、が公の場でしきりに討議される時代でもある。英国では医師幇助自殺法案Assisted Dying for the Terminally Ill;ADTI法案が昨年(2006)5月12日にいたるまで、繰り返し貴族院で検討されている。最終的にこの法案は採決されず、現在に至るまで再提出はなされていない。この一連の英国での経緯を確認することは、わが国でのこの領域をめぐる議論を深めていく上で、ひとつの参照点としての価値を持つ。なぜならわが国の終末期医療の構築に対し、英国はその少なからぬ影響を与えている国の一つであるから。
目的】Joffe 卿によって提出された一連の法案(Joffe Bill)の英国貴族院での経緯を確認し整理すること。
対象と方法】インターネット検索によって、必要な情報を収集しその内容を解析した。補足として当時のメディア報道も用いた。解析の一部にはAtlas.tiを用いた。
結果】2003年2月20日以降、Joffe卿によって提出された法案、およびそれをめぐる貴族院での審議内容は、ほぼ英国貴族院ホームページより入手可能であった。
  2003年2月、「終末期あるいは重篤かつ進行性の身体疾患によって耐えがたい苦痛にあえぐ成人で充分な判断能力があり、…自身の要望によって死ぬために医学的援助を受けられることを可能にする…」法案としてPatient (Assisted Dying)BillがJoffe卿によってはじめて貴族院に提出された。7月には反対派から「死をもたらすことを意図した生命維持活動の中止またはさし控えを禁ずる」というPatient (Protect) Billも提出された。Joffe卿は次の会期にはAssisted Dying for the Terminally Ill Bill; ADTI 法案として再提出し、以後2回にわたって修正を重ね提出した。この間の詳細は当日報告する。2006年5月12日に行われた最終案を巡る論議では、事前の世論調査で法制化に賛成が80%以上という結果が示されていた。にもかかわらず、今回も採決にはいたらなかった。その後07年3月にいたるまで、Joffe卿の再提出は行なわれていない。
考察】わが国でも、05年2月には尊厳死を考える議員連盟が結成され、06年3月末に明らかとなった射水病院事件/07年2月の川崎協同病院判決などを受けて、尊厳死法制化(およびガイドライン制定)の動きが加速化している。英国の状況については、「安楽死法案が上程され特別委員会が設置され検討されている」[橋本2006]などと伝えられている。
  今回確認したように、英国議会は必ずしも積極的に法制化に傾いているわけではない。すでに1935年には安楽死協会が設立され、明らかにわが国よりも「長い時間」をかけ、さまざまに意見交換をおこなってきていると思われる英国であっても、Joffe卿のたび重なる法案の提出に対して、貴族院は一貫してNoといい続けている。社会における生き死にをめぐるありようにさまざま影響を及ぼすこういった法案の選択は、それがどのような作用をもたらしうるのか、すみずみまで熟知してからで遅すぎることはない。
引用:橋本信也2006 「尊厳死を考える」医療情報センター編『尊厳死を考える』中央法規


UP:20070417
安楽死・尊厳死:イギリス  ◇安楽死・尊厳死 2007  ◇安楽死・尊厳死  ◇Archive
TOP HOME (http://www.arsvi.com)