HOME >

延命中止の条件・ガイドライン設定論議に関する意見

清水 昭美 2006

last update: 20151224

 rtfファイル版http://www.arsvi.com/2000/0603st.rtf

2006.3.31
延命中止の条件・ガイドライン設定論議に関する意見

                                        安楽死・尊厳死法制化を阻止する会
                                        清 水 昭 美


1.診断の確実性

  診断、予後、死期切迫の判断に誤りはないか?複数の医師なら確実か?
例 鹿児島安楽死事件
  ・8ヶ所で40代、50代の医師の診断がすべて誤診であった。
・司法解剖で腎結核であった。
・命をたってもよい確実性はない。
 東大の冲中内科の剖検による誤診率14.2%。

2.本人、家族への説明について

患者が示す、病状の事実を説明しているか。
例 川崎協同病院の主治医、「9割9分9厘脳死状態、又9割9分9厘植物状態」と説明。
・事実は、人工呼吸器が必要なくなり、自発呼吸があり、ICUから一般病棟に移り、血圧、体温、脈拍、呼吸共に安定していた。
・裁判で、生存の可能性があった証言あり。
・裁判官の問いに、被告女医は「あれは、医学用語ではなく、病状が重いことをわかり易く説明するためにのべた」と語った。
・告げられた家族は大変ショックを受けた。しかし、家族は中止は誰も望まず。
・実際の病状より重症の説明をすることは、結果として、家族や本人に絶望を抱かせ、延命措置中止を言わせる誘導となる。
・故意は言うまでもなく、悪意がなくとも誘導となる説明はしてはならない。
・相手がどう受け取るか、十分配慮が必要である。
・項目をあげ、本人の意思表示とか家族の同意、要請があったか、なかったか、ですます事柄ではない。

3.前もっての本人の意思表示

   リビング・ウィルを書いておくこと、との主張があるが、それでよいか?
  @ 前もっての意思である。
   ・記入するときは健康であり、実際のその時の状態はあくまでも知らないことを、前もって想像するのである。
   ・身体の状態も、心理状態も体験のない事を、前もって想像して書くのである。
  A 本人の意思に変化はないか。
   ・患者の意思はゆれ動くものである。
   ・いざその時に変わっていることの確認。
   例 
    ○アメリカの女性
    ケリー・クーンズさんは尊厳死を希望し、NY州最高裁で人工呼吸器を外すことを承認した。実行する間際に意識が戻り、自分で食事をし、会話をするようになり、主治医が「尊厳死を希望していたが・・・・・」と問うと、「それはむずかしい問題ね」と言い、尊厳死を希望せず、裁判所は尊厳死承認を撤回した。 
○安楽死を希望していた前大審院部長が病気が重くなり、気持ちが変わり、「いざとなってみると、うまいものが食いたくなる、と微笑して語られた」。(千種達夫 法律時報 1950年 10月)

4.家族が承諾、同意要請することの危険

他人の世話になる障害者、老人、重病人にとって、家族は必ずしも信頼できる保護者と言えない場合がある。
障害者は家族は味方といえないという人が多数いる。
例 障害者殺人事件の多くが家族であること。
  東海大事件の家族
    今日中に連れて帰りたい・・・・まだ息している。今日中に連れて帰りたいと迫った家族。夫が死の注射をされる時、妻は美容院に行っていた。
    家族は、常に本人を思っているとは限らない。
本人の意思を家族が推定することの危険。
 家族の意思は本人の意思ではない。
 恣意があっても、医療人や第三者にはわからない。
 命を絶つことを推定で決めてはならない。

5.延命を中止し、早く死なせることは、本人にとって安楽で尊厳なことといえるか。

  ・中止する行為について、実施する側は「早く楽にしてあげたい」という。
  ・中止する行為は果たして本人にとって楽なのか?
     酸素が吸えないことは、溺れる以上に苦しいことである。
     川崎協同病院の場合、挿管を抜き、苦悶し、上半身を「く」の字に持ち上げて、苦しんだ。
  ・酸素を止められた人は、喘ぎ苦しみ、1時間後に死亡した。
  ・「早く楽に」といい、「安楽」「尊厳」と周りがいいつつ、最も苦悶する最期であり、苦悶死である。
  ・阪大の救急の杉本教授は、尊厳死希望の父の言うとおりにしたが、栄養不足で手足が腫れ上がり、かわいそうで見ていられない。尊厳死といってもつらいものだった、と新聞で述べている。

 以上のように項目をあげ、クリアすれば、中止は許されるものではない。一人ひとりその時の状態に最も適した治療・看護が望まれる。 


UP 20060405
安楽死・尊厳死  ◇安楽死・尊厳死 2006  ◇清水 昭美ARCHIVES
TOP HOME (http://www.arsvi.com)