HOME > 全文掲載 >

言葉のマジックに惑わされることなく

穏土 ちとせ(おんど・ちとせ) 2005/06/25
「安楽死・尊厳死法制化を阻止する会」発足集会資料集


「言葉のマジックに惑わされることなく」(MS Word版)


  この春休み、アメリカのテリ・シャイボさんの「尊厳死」を認めるか認めないか、夫と両親の間で争われているというニュースを最初に見たとき、私は上の娘(高2)と共にひどくショックを受けました。すぐに娘が見つけてきたシャイボさんのホームページで、普段のシャイボさんの姿をビデオ映像で見て、衝撃はさらに大きくなりました。画面に映るシャイボさんの姿は、重度の障害はあっても、彼女なりの方法でしっかり「生きている」ことを示していました。それは、まさに4年前に空に旅立った娘・幸実の姿であり、たくさんのバクバクの会(人工呼吸器をつけた子の親の会)の子どもたちの姿と重なるものであったからです。そんな姿を「(生きていたいと思わないであろう)こんな状態」などと決め付けられることを、当の本人たちが聞いたらどう思うでしょうか。
  シャイボさんのケースでは、自力での食事はできないとしても、経管栄養によれば確実に生きていくことができるにもかかわらず、「尊厳死」を認めるか認めないか争われていました。夫の主張により栄養チューブが外され、両親の主張により再度チューブがつけられ、そしてまた、外されようと…とシャイボさんの命は翻弄されていました。シャイボさんの夫は、「本人が元気だった頃、『あんな(植物)状態になってまでは生きていたくない』と言っていたから、『尊厳死』させるのが彼女の希望に叶っているはず。」と主張しているとのことでした。私は、「じゃあ、彼女が餓死したいと言っていましたか?」「飢え死にすることが彼女の希望に叶っているのですか?」と、聞き返してやりたいと思いました。
  果たして世の中に、「自分が死ぬときには飢え死にしたい」とわざわざ願う人がいるでしょうか。「リヴィング・ウィル」「尊厳死」「自己決定」と、とても綺麗な言葉が並び、多くの人たちは、そんな言葉のマジックで誤魔化され、効率主義の思惑に搦め捕られているのではないかと思うのです。その上、「栄養補給装置」だの「生命維持装置」だのと難しそうな言葉を並べたてられるのですから、それが自分に降りかかるとしたらどういうことなのか具体的にイメージを描くことができないまま、「そんなおどろおどろしいことしてまで生きたくない。」と考えてしまうのではないかと想像しています。おそらく「栄養補給装置を外す」ということが、イコール<ご飯抜きで死に至る>ということで、「人工呼吸器を外す」ということが、<窒息して死に至る>ということだとは思いもよらずに…。当然そこには「美しく安らか」とは程遠い場面を伴っていることでしょう。シャイボのニュースでも、「生命維持装置を外す」という言葉だけが踊っていました。
  それでも、最初にニュースを聞いたときは、大統領も「はっきり答えが出ない場合は、生きる方を優先させるべきである。」と言っている位だから、いくら何でも死なせる方向にはいかないだろうと信じていました。(いいえ、そう信じたかったのです。)しかし、それから1ヶ月経つか経たたないうちに、「夫の言い分の方が認められて、2週間前に栄養補給装置が外され、昨日、シャイボさんは息を引き取りました。」と報道されました。思わず「2週間も水も食べ物ももらえなかったら、誰だって死ぬよ。それって、虐待じゃないの!」と叫びました。世間では、子どもにご飯も食べさせずに餓死させたり、故意に窒息死させたりした家族を「鬼」と呼び徹底的に非難するけれど、重度障害者や難病患者だったら、餓死させられても窒息させられても、「尊厳死」させてあげたって、賞賛されるというのでしょうか。
  日本の「尊厳死」法案を成立させようとしている人たちに、ALS患者さんやバクバクっ子たち、人工呼吸器ユーザーや重度障害をもって生きている側の危機感を訴えても、彼らは、「心配には及びません。私たちが問題にしているのは、本人の意思を尊重しようということなのだ。」とはぐらかされることでしょう。でも、「尊厳死」法案がいったん通ってしまうと、経済効率第一主義のような今の状況では、お金と人手が莫大かかり、生産性の低いと思い込まれている重度障害者や難病患者やその家族に対して、「『無駄な延命』措置はせず、人に迷惑をかけないで美しく死ぬという選択もありますよ!」と世間の無言の圧力は確実に押し寄せてくるに違いありません。
  そして、「尊厳死」法制化することは、結局は、重度障害者や難病患者に限らず、すべての人々の未来にも大きく関わってくることに気付いてほしいと思います。誰でもみんな年をとっていきます。今はどんなに元気でも、いずれ何らかの障害や病気とつきあうことになるでしょう。そうなったとき、無言の圧力は、きっとあなたの命を翻弄するに違いありません。今のうちからどう死ぬかと考えるよりも、重度の障害をもっても、難しい病気になっても、安心して暮らすことができるような、「尊厳」をもって「生きていくことができる」ような、そんな世の中になるように、政治家のみなさんもわたしたち市民も力を注いでいく方がよほど建設的だとは思いませんか。言葉のマジックに惑わされることなく…。

  (2005.6月「尊厳死の法制化を阻止する会」へ寄稿したもの)


UP:20060830
穏土 ちとせ  ◇安楽死・尊厳死 2006  ◇Terri Schiavo(テリ・シャイボ)  ◇ARCHIVES
TOP HOME (http://www.arsvi.com)