HOME > 全文掲載 >

障害学研究会関西部会第16回研究会 例会資料

障害学研究会関西部会第16回研究会 於:京都テルサ(京都勤労者総合福祉センター)
2002/10/19


障害学研究会第16回関西部会例会 10/19/2002 資料
Gregor WolbringさんOHP(土屋貴志訳)

(1) A Nike advertisement presents one view:
"Fortunately the Air Dri-Goat features a patented goat-like outer sole for increased traction so you can taunt mortal injury without actually experiencing it. Right about now you're probably asking yourself 'How can a trail running shoe with an outer sole designed like a goat's hoof help me avoid compressing my spinal cord into a Slinky on the side of some unsuspecting conifer, thereby rendering me a drooling, misshapen non-extreme-trail-running husk of my former self, forced to roam the earth in a motorized wheelchair with my name embossed on one of those cute little license plates you get at carnivals or state fairs, fastened to the back?'...."
(Nike advertisement, Backpacker Magazine , October 2000)

ナイキのある広告は一つの見方を示している:
「幸いなことにエア・ドリゴートは、グリップ力を増した特許のヒヅメ状靴底を備えているので、致命的な怪我とオサラバできます。たぶんあなたはこう思っていることでしょう。『不意に木に打ち付けたりして脊髄を痛め、慎重なトレイルランナーだった自分が不具になり、よだれを垂らしたり、カーニバルやお祭りで作ってもらった板金細工のネームプレートを背中につけて電動車椅子ではい回るしかなくなることを、羊のヒヅメ状靴底をもつ山道用ランニングシューズがどうやって防いでくれるんだろう?』
(『バックパッカー・マガジン』2000年10月号のナイキ広告より)

(2) The History of Thalidomide by Stephens and Brynner presents another view:
"How did parents endure the shock [of the birth of a thalidomide baby]? The few who made it through without enormous collateral damage to their lives had to summon up the same enormous reserves of courage and devotion that are necessary to all parents of children with special needs and disabilities; then, perhaps, they needed still more courage, because of the special, peculiar horror that the sight of their children produced in even the most compassionate. Society does not reward such courage, because those parents' experience represents our own worst nightmare, ever since we first imagined becoming parents ourselves....
The impact upon the brothers and sisters of the newborn was no less horrific. This was the defining ordeal of their family life - leaving aside for now the crushing burden on their financial resources from now on."
(Trent Stephens and Rock Brynner, 2001, Dark Remedy; the impact of thalidomide and its revival as a vital medicine , Perseus Publishing, Cambridge: Massachusetts, USA, pp.65-66.)

スティーヴンスとブリンナーによるサリドマイドの物語はまた別の見方を示している:
「[サリドマイドの赤ちゃんが生まれたという]このショックを親たちはどうやって切り抜けたのだろう。人生をめちゃめちゃにされずになんとかショックを乗り越えたごく少数の親たちの場合でも、障害児の親すべてに求められる莫大な勇気と献身を奮い起こさなければならなかった。もっとも思いやりあふれた人々でさえサリドマイド児を見たときには特別で異常な恐怖を抱くのだから、もしかすると、それ以上の勇気が必要だったかもしれない。社会がこのような勇気に報いることはない。なぜなら、こうした親たちの経験は、我々自身が親になることを考えたその日から想像しうる最悪の悪夢そのものを、まさに具現しているからである。(中略)
 赤ん坊の兄弟姉妹への影響も同じようにぞっとさせるものである。そしてこれが家族の生活にとって決定的な試練となったーーそれ以来のしかかってきた破壊的な経済的負担を別にしても。」
(トレント・スティーヴンス&ロック・ブリンナー『邪悪な治療薬:サリドマイドの衝撃と特効薬としての復活』ペルセウス出版社、2001年、マサチューセッツ州ケンブリッジ、アメリカ合衆国、65-66頁。)
[トレント・ステフェン&ロック・ブリンナー『神と悪魔の薬サリドマイド』本間徳子訳、日経BP社、2001年、pp.110-111。ただし上記訳文は邦訳には従っていない]

(3) Quoting from sections of the Declaration on Science: of the UNESCO World Conference on Sciences 1999
25. . . . . that there are barriers which have precluded the full participation of other groups, of both sexes, including disabled people, indigenous peoples and ethnic minorities, hereafter referred to as"disadvantaged groups". . .

42. Equal access to science is not only a social and ethical requirement for human development, but also a necessity for realizing the full potential of scientific communities worldwide and for orienting scientific progress towards meeting the needs of humankind. The difficulties encountered by women, constituting over half of the population in the world, in entering, pursuing and advancing in a career in the sciences and in participating in decision-making in science and technology should be addressed urgently. There is an equally urgent need to address the difficulties faced by disadvantaged groups, which preclude their full and effective participation.

1999年のユネスコ世界科学会議の「科学と科学的知識の使用に関する宣言」条文から引用:
25. ・・・両性、障害者、原住民、少数民族を含む他の集団(以下「不利益を被っている諸集団」と称する)の完全参加を妨げている障壁がある・・・

42. 科学への平等なアクセスは、人間が成長するための社会的倫理的条件であるだけでな
く、世界中の科学者共同体の潜在力を完全に開花させ、人類のニーズを満たすよう科学の発展を方向付けるために必要である。世界の人口の半分以上を構成する女性が、科学者になりキャリアを積み、科学技術における意思決定に参画する上で困難に直面しているという問題に、緊急に取り組まなければならない。不利益を被っている諸集団が完全で効果的に参加する上で困難に直面しているという問題にも、同様に緊急に取り組む必要がある。

(4) Quoting from the Science Agenda-Framework for Action: of the UNESCO World Conference on Sciences 1999
17. Scientists, research institutions and learned scientific societies and other relevant non-governmental organizations should commit themselves to increased international collaboration, including the exchange of knowledge and expertise.Initiatives to facilitate access to scientific information sources by scientists and institutions in the developing countries should be especially encouraged and supported. Initiatives to fully incorporate women scientists and other disadvantaged groups from the South and North into scientific networks should be implemented. In this context efforts should be made to ensure that results of publicly-funded research will be made accessible.

79. The full participation of disadvantaged groups in all aspects of research activities, including the development of policy, also needs to be ensured.

81. Governments and educational institutions should identify and eliminate, from the early learning stages on, educational practices that have a discriminatory effect, so as to increase the successful participation in science of individuals from all sectors of society, including disadvantaged groups.

91. Special efforts also need to be made to ensure the full participation of disadvantaged groups in science and technology, and they should include:
- removing barriers in the education system;
- removing barriers in the research system;
- raising awareness of the contribution of these groups to science and technology in order to overcome existing stereotypes;
- undertaking research, supported by the collection of data, documenting
constraints;
- monitoring implementation and documenting best practices;
- ensuring representation in policy-making bodies and forums.

1999年のユネスコ世界科学会議における「科学議題項目・行動の枠組」から引用:
17. 科学者、研究機関、科学界および関連NGOは、知識と専門的技能の交流を含む国際的協力を増進しなければならない。発展途上国の科学者と研究機関が科学的情報資源にアクセスできるよう促す方策をとりわけ奨励し支持すべきである。南と北の女性科学者や不利益を被っている諸集団を科学ネットワークに完全に参加させる方策を実施すべきである。この点で、公的資金による研究の成果にアクセスできることを確実にする努力を払うべきである。

79. 方針の開発を含む研究活動のすべての側面に不利益を被っている諸集団が完全に参加することも保障する必要がある。

81. 不利益を被っている諸集団を含む社会のすべての部分の人々が科学にますますうまく参加できるように、政府と教育機関は、差別的効果を持つあらゆる教育実践を、その初期段階から同定し除去するべきである。

91. 不利益を被っている諸集団が科学技術に完全に参加できるよう保障するために特別な努力が払う必要がある。これらの努力には以下のものが含まれるべきである:
・教育制度における障壁の除去
・研究制度における障壁の除去
・現存するステレオタイプを克服するために、これらの諸集団が科学技術に貢献しているという認識を呼び起こすこと
・制約を引証する、データ収集に裏付けられた調査を行うこと
・実行状況を監視し、最も良い実践を報告すること
・政策立案機関および会議への代表者派遣を保障すること

*作成:
UP: 20090712
全文掲載  ◇障害学研究会関西部会  ◇障害学研究会関西部会・2002
TOP HOME (http://www.arsvi.com)