HOME > 全文掲載 >

「都立養護学校での新しい歴史教科書をつくる会教科書の採択に反対する要望書」

DPI日本会議 2001/08/06

last update: 20160125


2001年8月6日

東京都教育委員会 
教育長 横 山  洋 吉  殿

DPI(障害者インターナショナル)日本会議
議長 山 田  昭 義
〒101-0062 
東京都千代田区神田駿河台3-2-11総評会館内
TEL 03-5256-5365 FAX 03-5256-0414

都立養護学校での新しい歴史教科書をつくる会教科書の採択に反対する要望書

 貴職におかれましては、日頃より東京都の教育行政についてご尽力されていること
に敬意を表します。
 私たち、DPI(障害者インターナショナル)日本会議は、障害者の完全参加と平
等、人権確立を目指して活動している国際組織で、国連経済社会理事会、WHO、I
LOなどの国連諸機関での諮問団体として位置づけられており、国連総会のオブザー
バー資格をもつ団体としてさまざまな活動を展開しております。
私たちは、東京に事務局をおき、障害当事者の立場から人権確立をめざしている団体
として、貴教育委員会が教科書採択にあたり、平和と人権の理念にもとづいた公正な
教科書採択を行うことを強く求めるものです。
私たちは、先日の新聞報道により、7月26日に開催された貴教育委員会において、都
立養護学校の歴史と公民の授業で、「新しい歴史教科書をつくる会」の歴史及び公民
の教科書(扶桑社)が、採用される教科書の候補にあがっていることを知り、驚きと
ともに強い反対の意思を表明します。
「新しい歴史教科書をつくる会」の歴史教科書は、検定による修正後も内外から多く
の基本的な誤りが指摘されており、その内容も、「韓国併合」をはじめとしたアジア
への侵略・植民地支配を正当化するなど「自国の誇り」を強調するあまり、「他国」
からの視点が欠落し、植民地支配によって深刻な被害を受けた側の人々に対する明確
な謝罪と戦後補償などを日本政府として今もっておこなわないことに象徴されるよう
に、人権をないがしろにすることをますます助長するものであるといえます。
「他国」の人々に対する加害事実に鈍感な国は、国内における歴史的、社会的差別や
偏見によって人権を侵害されている障害者、在日外国人、女性、「同和」地区そして
社会的マイノリティの人々に対しても、その<痛み>を理解することができなくなっ
てしまいます。
また、「つくる会」の公民教科書(扶桑社)は、憲法9条「改正」論を展開し、核廃
絶論に疑義をはさむなど、好戦的な記述が目立ち、また、「公=国家」への帰属を強
調し、人権・個人の権利の制限まで説いており、平和・人権といった普遍的理念が尊
重されていないなど、共生の未来を担う次世代の子どもたちを育てる教材としてバラ
ンスを欠いた教科書であることは明らかです。
これからの国際社会を担う子ども達が使うのには、ふさわしくない教科書だと思いま
す。
このような認識は、現在各地の教育委員会で「つくる会」教科書の不採択が決定され
ている状況をみれば、広く共有されているものだと考えることができます。
このような多くの問題を抱えた歴史・公民教科書を、都立の養護学校が、公立学校と
して初の採用を決めることにどのような意味があるのでしょうか。かりに、養護学校
にいる障害をもつ生徒たちは、どんなことでもおとなしく従うという先入観があっ
て、養護学校での「教科書採択」を強行するのであれば、それはあきらかに障害者に
対する差別と偏見によるものであると言わなければなりません。
私たちは、この教科書が都立の養護学校であれば反対もなく採用されるであろうとい
う憶測のもとに、採択が進められていく状況に強い遺憾と抗議の意を表明します。
 私たちは、以上の認識に立ち、貴職が新しい歴史教科書をつくる会(扶桑社発行)
の教科書を養護学校において採択しないよう、強く要請します。

                                      
  以 上


REV: 20160125
DPI日本会議  ◇全文掲載
TOP HOME (http://www.arsvi.com)