HOME >

水俣病・2001

2000  2006  2007



◆第3回「水俣病記念講演会」  −この日本に生まれて−

 日時■2001年4月21日(土)
 会場■有楽町マリオン朝日ホール
 主催■水俣フォーラム
 後援■朝日新聞社・毎日新聞社・読売新聞社・日本経済新聞社・
    産経新聞社・中日新聞東京本社・NHK・TBS・フジテレビ・
    テレビ朝日・テレビ東京・MXテレビ・文化放送・ニッポン放送・
    共同通信社・時事通信社
 講師■杉本栄子(漁師、水俣病患者)、宇井純(公害研究)、
    大岡信(詩人)、鶴見俊輔(哲学)
 司会■蓮舫(コメンテーター)

 時間■午後2時開場、午後2時30分開演、午後6時終了
入場料■前売券 一般・大学生=2500円、高校生以下=1300円
    当日券 一般・大学生=3000円、高校生以下=1500円
    ※水俣フォーラム会員の方向けに特別前売券を発売しています。

                     情報提供:200103 とこいさん

 

◆20010223 田中さんより

日本解放社会学会のみなさま

 水俣フォーラムというNGOで広報のボランティアをしていま
す田中と申します。 
 埼玉大学の福原安則先生からこちらのメイリングリストをご
紹介いただき、お便りを差し上げました。
 私たちは、全国各地ですすめている水俣展の開催をはじめ、
講演会や出版を通じて、水俣病事件を伝えるための活動をして
いる団体で、この3月、埼玉県川口市で川口・水俣展を開催す
ることになりました。つきましては、その広報にご協力いただ
けないかと思い、メイルをお送りした次第です。
 我々、フォーラムの方でも、公共機関やメディアなどを通じ
て宣伝活動を行っていますが、これまでの経験からしても開催
地周辺にお住まいの方々にご自分の地域で広報をしていただく
ことが最も有効で、いろいろな方々に広報への参加をお願いし
ています。
 展示会のチラシおよびポスターを用意してありますので、お
住まいの地域などで掲示していただいたり、お知り合いなどへ
配布して下されば幸いです。
 もしも、ご協力いただけるようでしたら、田中までメイルを
いただくか(michitnk@yahoo.co.jp)、直接、フォーラムの方に
ご連絡ください。

(150-0002 東京都渋谷区渋谷2-19-17 グローリア渋谷初穂・足
立ビル1001
水俣フォーラム  TEL:03-5485-6107 FAX:03-5485-6639) 。

 よろしくお願いいたします。              
              水俣フォーラム 田中未知
 追伸:
私たちの活動の詳細はホームページに掲載してありますので
、ぜひご覧になってみてください。
 http://village.infoweb.ne.jp/~minafo/

  
また、以下、水俣川口展の内容を添付しておきます。

「水俣・川口展」(埼玉県川口市)

  2001年3月17日(土)〜25日(日)、川口総合文化
センター・リリア

  時間:午前11時〜午後9時

  <展示企画>

  メイン展示 悲しみの底に何が見えるか
   プロローグ:1956年4月、幼い少女を「奇病」が
襲った
    クロニクル:映像でたどる水俣病と私たちの半世

      展示1:水俣の美しい自然・豊かな風土
      展示2:水俣病とは何か
      展示3:水銀はなぜ止まらなかったのか
      展示4:被害者は何を求めたのか
      展示5:現在の水俣と水俣病事件
  エピローグ:彼岸の団欒を垣間みる

  患者遺影 死者たちが来場者を見つめる
   記録映画作家・土本典昭夫妻が1年間水俣に滞在
して、遺族を訪ね収集した500影を空間一面に展示。

  写真展示 レンズが失われた声を聞いた
   W.ユージン・スミス+アイリーン・M.スミス
   桑原史成「水俣病・原点から」
   塩田武史「水俣・深き淵より」
   芥川仁「水俣・厳存する風景」

  実物展示 残された物こそ雄弁に語る
   水俣病発症量の有機水銀
   水俣湾にあった水銀ヘドロ
   水俣湾に張られていた汚染魚仕切網
   水俣病発生当時の不知火海の漁具
   現在のチッソ製品

  美術展示 事実は表現されて真実となる
   丸木位里・俊「水俣の図」(レプリカ)
   中村正義「何処へいく」「おそれ」(レプリカ )

  語り部コーナー その人にしか語れないことがあ る
   水俣病患者はじめ支援者、研究者などによる事件史の“証言”。

  ブックフェア・水俣物産展
   
  展示説明会

  <ホール企画>

  @「私と水俣病」−患者さんのお話から
    松崎忠男(水俣病患者)、崔洋一(映画監督)
    3月17日(土)午後7時〜9時

  A見田宗介さんと映画「水俣病−その20年」をみる
    監督:土本典昭 1976年 カラー16ミリ 青林舎 43分
    3月20日(祝)午後7時〜9時

  B映画「水俣一揆−一生を問う人びと」上映
    監督:土本典昭 1973年 モノクロ16ミリ 
    青林舎 108分
    3月22日(木)午後7時〜9時

  C水俣から考える「政治−チッソ救済と企業救済」
    富樫貞夫(法学者)、中村啓三(毎日新聞論説委員長)
    3月24日(土)午後7時〜9時

  D「私と水俣病」−患者さんのお話から
    川本ミヤ子(水俣病患者)、いいだもも(作家)
    3月25日(日)午後7時〜9時


UP:2001
水俣病  ◇環境/環境倫理学/環境思想
TOP HOME (http://www.arsvi.com)