HOME > 全文掲載 >

「記者発表文」

山下秀樹・睦子 2000/10/17

last update: 20160122


                        2000年10月17日


           記者発表文

                        兵庫県尼崎市 山下秀樹 
                                 睦子 

 私ども夫婦は、公立那賀病院(和歌山県那賀郡打田町所在)と主治医に対する
医療過誤を原因とした損害賠償請求訴訟を、本日10月17日、神戸地方裁判所
尼崎支部に提訴いたしました。この裁判を通じて、2000年5月26日、出生
直後に逝った私たちの第1子・瑠美奈の死の原因と責任を究明し、あわせて同様
の医療事故の再発防止につなげていきたいと考えております。

1.事実経過

 原告睦子は、1999(平成11)年10月9日、大阪市内の病院で今回の妊
娠(初産)を診断されました。当時、29歳でした。その後、妊娠は順調に経過
し、胎児も異常なく成長しました。里帰り出産を希望していたため、原告睦子の
実家に近接する公立那賀病院に分娩予約を行い、必要な検診やマタニティクラス
を受け、出産に備えていました。
 2000(平成12)年5月25日木曜日、妊娠37週6日、破水し、被告病
院へ向かい、被告F医師による診察の結果、前期破水と診断され、16時15分
同院に入院しました。同夕刻から夜半にかけて陣痛が始まりましたが、分娩には
いたりませんでした。
 翌26日金曜日朝、被告F医師が原告睦子と面談し、陣痛が弱いので経口の陣痛
促進剤「プロスタルモンE」(プロスタグランディンE2)を服用するよう指示しま
した。8時15分ころより、プロスタルモンEを一回一錠一時間ごとに六回、
13時15分まで合計6錠を服用。プロスタルモンEを服用中に原告睦子は非常に
短い周期で陣痛に襲われていましたが、分娩監視装置はごく短時間装着しただけ
で、後は1時間に1度ドプラーによる胎児心音の聴取があっただけでした。しかし、
13時15分から15時ころまでの間はドプラーによる聴診もなく、放置され、
原告秀樹のみが付き添っていました。
 15時ころに陣痛室において、分娩監視装置を装着しようとしたところ、胎児
心音がモニターできないほど弱く、高度の徐脈を示していたため、被告F医師が診
察にあたったところ胎児仮死と判断され、緊急帝王切開で胎児を娩出することに
なりました。
 15時46分、女児(瑠美奈)娩出。重症仮死のため蘇生措置が施されました
が、その効果が現れないため蘇生が中止され、16時38分に死亡が確認されま
した。
 安全な出産を疑っていなかったわが子を突然失い、悲嘆にくれる原告秀樹・睦
子に対して被告F医師は「原因は分からない」と繰り返すのみでした。
 その後、納得がいきませんでしたので、原告からの要求により、5月29日、
5月30日と2回にわたり病院側より説明がありましたが、陣痛促進剤使用中の
分娩監視が不適切であったのではないかという原告の疑問に対しても、適切な説
明はありませんでした。
 
2.被告の過失および問題点

 陣痛促進剤(子宮収縮剤・オキシトシン製剤およびプロスタグランディン製剤)
は個人によって効果に非常に大きな差があり、そのために過強陣痛、頚管裂傷、
子宮破裂、羊水塞栓、弛緩出血、胎児仮死・死亡などの重篤な副作用を起こすこと
があります。それらの被害の実態を踏まえて、容量・使用方法が厳格化され、添付
文書に記載されています。本件で使用された錠剤の「プロスタルモンE」(プロス
タグランディンE2)は点滴によるオキシトシンや
プロスタグランディンF2αに比べて調節性に劣るため、1日の最高使用量(6錠)
までを一律で投与してはならず、陣痛の誘発・促進を認めたら使用を中止すること、
投与中には分娩監視装置による連続モニターが必要とされています。
 また前期破水で羊水の流出が続いている場合にも、胎児仮死の発生する可能性が
あるために胎児の連続的なモニターが必要とされています。現在、胎児仮死を早期
発見し、重症化を予防するためには陣痛と胎児心音の関係を示す分娩監視装置によ
る連続監視がほぼ唯一の方法とされています。陣痛と無関係に5秒程度3回ドプラ
ーで胎児心音を聴取するだけでは、とうてい胎児仮死の兆候をとらえることができ
ません。
 今回の出産において被告病院ならびに被告F医師は陣痛促進中の8時15分から
15時までの約7時間にわたって原告睦子を分娩監視なしに放置したに等しく、そ
のためその間に胎児仮死に陥っていた瑠美奈の容態を把握することを怠り、処置の
時期を逸して結果的に死に至らしめたと言わざるを得ません。


3. 私たちの主張

  陣痛促進剤の副作用による被害は、1992年に添付文書が改訂された以降も
続いています。その多くの例では使用量が守られていなかったり、適切な分娩監視
がなされていないなどの使用する病院側の過誤がその原因となっています。私たち
の被害もまさに同じような杜撰な医療行為によってひきおこされたと考えています。
そのことは、繰り返し警告されてきた陣痛促進剤の副作用について、医師が必要な
注意を払っていないことを示しています。
  そこで、私たちが求めていることは、まず第1に被告病院、被告医師が今回の
医療事故について深く反省し、そのことについて謝罪することです。第2に事故を
招いた原因を解明し、再発防止のためにあらゆる手段を尽くすことです。第3には、
判決を通じて陣痛促進剤の適切な使用について法的な判断を改めて示して頂き、
適切な医療行為の確立に資することです。  
  私たちの娘、瑠美奈の命はすでに失われ、決して取り戻すことはできません。
たとえ私たちの訴えが認められ、被告に損害賠償が命じられたとしても、二度と
瑠美奈を我が手に抱くことはできないのです。しかし、裁判を通じて陣痛促進剤の
不適切な使用の実態を明らかにし、それに対する司法判断を仰ぐことで、同じよう
な医療事故の再発を防止することはできると考えています。広く社会の皆様に今後
の裁判に関心を持ち、支援して頂けるようお願いいたします。

                            以 上


REV: 20160122
医療過誤  ◇陣痛促進剤  ◇全文掲載
TOP HOME (http://www.arsvi.com)