HOME >

テーマ:Bodies,Gender and Disability
+ オーストラリアの障害学事情


Tweet
last update: 20151221


 テーマ:Bodies,Gender and Disability
     + オーストラリアの障害学事情
 発題者:Helen Meekosha
 と き:1999年7月20日(火・祝日) 午後2時〜5時
 ところ:京都大学理学部2号館 1階 113号室
----障害学研究会関西部会第3回研究会のご案内(完全版)------------------------


みなさん、こんにちは。土屋貴志@大阪市大文学部です。

先日アップしました、20日の障害学研究会関西部会でのヘレン・ミーコーシャさんの
報告要旨に、下記のように日本語の訳をつけてみました。遅くなってすみません。時
間がかかったわりには、翻訳ソフトで訳したみたいなへんな日本語ばかりになってし
まいました。お恥ずかしい限りです。

英語の得意な方や、翻訳の仕事をされている方や、現在英語圏に生活されている方や
、過去に英語圏で生活したことがある方が、このメイリングリストにはたくさんいら
っしゃるはずですので、ぜひとも誤訳・不適切な訳のチェックをお願いします(なか
でも長瀬さん、城田さんにはぜひ)。映画のタイトルなどはすでに定訳があるのかも
知れません。遠慮なく、ズバズバ、まちがいの指摘をお願いします。

19日の午後に最終稿を作り、再びメイリングリストにアップするとともに、当日会場
で配布するコピーを印刷します。したがって、《19日の午前中までに》コメントを頂
けたら最終稿に間に合います。

お忙しいところ恐縮ですが、みなさん、なにとぞご協力よろしくお願いします。

===================================

(SLIDE 1 スライド1)
Gender, the body and impairment/disability.
 ジェンダー【社会的性別】、身体、障害
Summary of a presentation to be made by
Helen Meekosha, School of Social Work, University of New South Wales, Sydney
, Australia.
For Disability Studies Group, (Kyoto/ Osaka)
 障害学研究会関西部会における報告の要約
 ヘレン・ミーコーシャ
 ニューサウスウェールズ大学ソーシャルワーク学部
 シドニー、オーストラリア

(SLIDE 2 スライド2)
1. The context of disability in democratic societies
 民主社会における障害の情況
1.1 Historical marginalisation versus transformative politics of inclusion.
 歴史上周辺へ追いやられてきたこと 対 統合という変革の政治
1.2 Emergence of social constructionism as resistance to medicalisation.
 医療化に対する抵抗としての社会構築主義の出現
1.3 Critiques of self-serving assumptions of normality in the political / ec
onomic and social system
 政治的・経済的・社会的システムにおける健常という迎合的想定の批判
1.4 Debates on citizenship largely excluding disabled people (citizenship in
cludes representation of embodiment).
 障害のある人々をたいていは排除している、市民権に関する討論(身体化という表
象を含む市民権)

(SLIDE 3 スライド3)
2. Argument of paper
 この報告の概要
2.1 Challenge omission of disability issues from western discourses (includi
ng feminist discourses) on the body in the humanities and social sciences.
 人文学及び社会科学における西洋の身体論が障害の問題に触れていないことに挑戦する
2.2 Demonstrate a growing literature in disability studies from a feminist p
erspective, with interest in embodiment.
 身体化への関心を伴った、フェミニズムの視点からの障害研究の文献が増えている
ことを論証する
2.3 Show how disabled bodies are used as symbol and metaphor in mass media (
also art and literature)
 マスメディア(および芸術と文学)において障害のある身体がいかに象徴や隠喩と
して用いられているかを示す
2.4 Explore links between body and disability identity - need to pursue deve
lopment of integrated theory of gendered disabled bodies
 障害者のアイデンティティ【自己同一性】と身体の関連をさぐる----ジェンダー化
された障害のある身体に関する統合的理論の発展を試みる必要

(SLIDE 4 スライド4)
3. Humanities and Social Sciences and Disability.
 障害と人文学・社会科学
3.1 Absence of disability perspective in research and texts on the body:
-  few researchers/ scholars with disabilities (or invisibility)
-  disabled audiences not acknowledged.
 身体に関する研究や文献に障害の視点が欠けていること
----障害のある研究者や学者がほとんどいない(あるいは、見えない)
----障害者が観客として認められていない

(SLIDE 5 スライド5)
4. Feminism and disability
 フェミニズムと障害
4.1 Need to contextualise the gendered disability experience.
For example, forced sterilisation of disabled women and forced abortions
 ジェンダー化された障害の経験の情況を描き出す必要。たとえば障害のある女性の
強制断種や強制堕胎
4.2 The (a) limitations/ (b) usefulness of contemporary feminist theory and
the body. For example:
 8. voice of disabled woman not recognised in contemporary discourse
 9. questioning of normal unproblematised female body;
questioned the binaries between nature /culture;
questioned stereotypes of women as uncontrollable biology;
demanded that gender be seen as socially constructed;
stimulated research on sexuality, desire and what constitutes acceptable sta
ndards of beauty.
 今日のフェミニズム理論と身体の (a) 限界と (b) 有用性。たとえば:
  8. 今日の言説は障害のある女性の声に気づいていない
  9. 問題化されない健常女性の身体を問う;
   自然と文化の二元論を問う;
   コントロールできない生体という女性のステレオタイプ【紋切り型】を問う;
   ジェンダーは社会的に構築されるものとみなすことを要求する;
   セクシュアリティ、欲望、そして、何が受け入れられる美の標準となるのか、
に関する研究を促す

(SLIDE 6 スライド6)
5. Disability Studies and Feminism and the Body
 障害学とフェミニズムと身体
5.1 Critiques of mainstream western feminist literature - eg. Morris, Thomps
on, Wendell, Silvers
 西洋のフェミニズム文献の主流の批判----たとえば、モリス、トンプソン、ウェン
デル、シルヴァース
5.2 Narratives of personal struggle and documentation of abuse
 個人的な苦闘の語りと、虐待に関する文書
5.3 Critique of the Social Model/social constructionism
 社会モデル・社会構築主義の批判

(SLIDE 7 スライド7)
6. Modernity: corporeal signification of 'cripples' and 'freaks'
(abnormal bodies - attraction/fascination and repulsion)
 近代性:「かたわ」と「見世物」という身体的意味づけ
6.1 Constructing otherness
 他者性を構築する
6.2 Inequalities of power
 権力の不平等
6.3 Role of fantasy
 空想の役割
6.4 Fetishism
 フェティシズム【物体崇拝】

(SLIDE 8 スライド8)
7. Contemporary disability body politics
 今日における障害の身体の政治
7.1 Contesting negative stereotypes
 相争い合う否定的なステレオタイプ
7.2 Integrationism - 'passing'
 統合主義----「見過ごし」
7.3 Affirming disability identities
 障害者のアイデンティティを肯定すること
7.4 Challenging 'normalcy' from within disability cultures
 障害の文化の中から「健常」に挑戦すること

(SLIDE 9 スライド9)
8. Media Images of the disabled female body
 障害のある女性の身体についてのメディア上のイメージ
8.1 Cyborgs/Monsters
 サイボーグ/怪物
(SLIDE 10 スライド10)
 (a) Ripley as Dr Death in the Hollywood movie 'Alien Resurrection', killin
g malformed experimental versions of herself
 ハリウッド映画「エイリアン復活」の中の、自分自身の奇形の実験バージョンを殺
すドクター・デス【死の医師】としてのリプリー

(SLIDE 11 スライド11)
 (b) The failed hybrid of Alien and Human-woman in 'Alien Resurrection'
 「エイリアン復活」における、エイリアンと人間の女性の失敗した合体物

8.2 Super-chicks/super-crips (Hypermasculinity)
 スーパーな女の子/スーパーかたわ(超男性性)
(SLIDE 12 スライド12)
 (a) "Judith can't walk, but she can fly".
In 1995, the Spastic Centre of New South Wales 50th Celebrations billboards
featuring Judith. A positive image that does not demean or stereotype women,
or does it? The subtext is that Judith cannot act/live without public giving
- the text at the bottom of the poster reads " Give It All You Can". The dis
abled person does not exist independently of the charity. The commodity on o
ffer is an affirmation of able-bodiness.
 「ジュディスは歩けません。けれど飛べます」
 ニューサウスウェールズ痙性麻痺センターは1995年、50周年記念にジュディスを主
人公にした広告を出した。この肯定的なイメージは、女性をおとしめたりステレオタ
イプ化しないだろうか、するだろうか?言外の意味として、ジュディスは寄付がなけ
れば行動したり生活できないということがある----ポスターの下の欄には「可能な限
り与えよ」とある。障害のある女性は慈善とは独立に存在しはしないのだ。ここで売
り出されている商品は、障害のない身体の肯定である。

(SLIDE 13 スライド13)
 (b) Lisa O'Nion
A disabled woman climber/ abseiler using wheelchair, as a representation o
f determination. Such an image challenges gender stereotypes and offers a po
sitive image of a desirable and powerful disabled woman. Yet the message giv
en to the disabled audience may be that striving to overcome one's own impai
rments is all that is needed for a fulfiling life.
  リサ・オニオン
 運命の表現としての車椅子に乗った、障害のある女性登山家/懸垂下降家。このよ
うなイメージは、ジェンダーのステレオタイプに挑戦し、望ましく力強い女性障害者
の積極的イメージを提供する。しかしながら、これを見た障害者は、自分自身の障害
を克服するよう努力することこそ、人生を全うするために必要なことなのだ、という
メッセージを受け取るかもしれない。

(SLIDE 14 スライド14)
 (c) Louise Sauvage , Australian world champion wheelchair racer
  ルイーズ・ソーヴェイジ、車椅子レースのオーストラリア人世界チャンピオン

(SLIDE 15 スライド15)
 (d) World Wheelchair Basket Ball Champions
  車椅子バスケットボールの世界チャンピオン

8.3 Damaged/ Tragic bodies (femininity).
 損傷を受けた/悲劇的身体(女性性)
(SLIDE 16 スライド16)
 (a) Damaged Bodies
The tear campaign - MS Society, London 1990
In this prize-winning, 1993 poster campaign, from the UK MS Society, the fac
e is unseen. Only the savaged torso offers a representation of a disabled woman.
  損傷を受けた身体
 涙のキャンペーン----ロンドン、多発性硬化症協会、1990年
 賞を受けた英国多発性硬化症協会の1993年のポスター・キャンペーンでは、顔は見
えない。荒々しいトルソだけが女性障害者を表現している。

(SLIDE 17 スライド17)
 (b) Damaged Bodies
In 1999 this same idea was used to elicit charitable donations by the NSW Bl
ind Society in Australia.
  損傷を受けた身体
 1999年には全く同じアイデアを、オーストラリアのニューサウスウェールズ盲人協
会が寄付を募るために用いた。

(SLIDE 18 スライド18)
 (c) Tragedy and the absent body
This 1998 New South Wales MS Society poster from Sydney, Australia, has the
absent body of the woman with MS as a charity case requiring help to be an a
dequate mother.
  悲劇と身体の不在
 オーストラリア・シドニーのニューサウスウェールズ多発性硬化症協会による1998
年のこのポスターは、多発性硬化症の女性の身体を出さないことで、ふさわしい母親
になるために援助を必要とするという慈善的な事情を表現している。

(SLIDE 19 スライド19)
 (d) Tragedy and Hollywood
On the home page for the movie 'Hilary and Jackie', images of disability are
ABSENT, yet that is what is offered - the tragedy of a crippled genius
  悲劇とハリウッド
 映画「ヒラリーとジャッキー」のホームページでは、障害のイメージは不在だが、
それこそまさにそこに示されていることなのだ----すなわち「かたわになった天才」
という悲劇である。

8.4 Liberated sexuality or Fetishised bodies?
 解放されたセクシュアリティか、フェティッシュに扱われる身体か?
(SLIDE 20 スライド20)
 (a) Heather Rose and lover from Australian 1998 entry to Cannes Film Festi
val - "Dance Me to my Song
  1998年のカンヌ映画祭に参加したオーストラリア映画「私の曲で踊って」より、
へザー・ローズと恋人

(SLIDE 21 スライド21)
 (b) Aimee Mullens (from UK fashion magazine 'Dazed and Confused')
  エイミー・ミューレンズ(英国のファッション雑誌『眩惑され混乱させられ』より)
(SLIDE 22 スライド22)
 (c) Alison Lapper (as above)
  アリソン・ラッパー(同上)

(SLIDE 23 スライド23)
 (d) Helen Macintosh (as above)
  ヘレン・マッキントッシュ(同上)

(SLIDE 24 スライド24)
9. Body and disability identity
 身体と、障害者のアイデンティティ
9.1 Beyond the double/ multiple oppression
 二重/何重もの抑圧を超えて
9.2 Concepts of 'normate' and 'normalcy'
 「normate」と「健常」の概念
9.3 Revisiting Douglas' 'dirt' and Goffman's 'stigma'
 ダグラスの「汚穢」とゴフマンの「スティグマ【烙印、汚名】」
9.4 Development of an integrated gendered theory of disabled bodies.
 障害のある身体に関するジェンダー化された統合理論の発展


REV: 20121221
TOP HOME (http://www.arsvi.com)