HOME > 全文掲載 >

「6月12日集会への呼びかけ文──愛成学園事件は、私たちに何を問うているか」

愛成学園事件弁護団 1999/04/09

last update: 20151222


支援者呼びかけ文                      1999.4.9

                                        
       愛成学園事件は、私たちに何を問うているか

 知的障害者施設の現場から暴力や虐待(白河育成園事件のような薬の乱用といった虐待をも
含めて)を一掃するために、私たち(現場)は何をなすべきか、を問う集会をやります。

          ………………………………………

          6 月 1 2 日 の 集 会

  日時    1999年6月12日(土)     午後1時から4時

  場所    主婦会館プラザエフ     (03-3265-8111)
        (東京・JR四ツ谷駅前、地下鉄・四ツ谷駅)
                                        
  講師    石井哲夫     (白梅短期大・学長)
        西原雄次郎    (ルーテル大・教員)
        阿部美樹男    (東京・八王子平和の家・施設長)
        ※もうひとり、施設長(現場のリーダー)の方にあたっています。

  司会(報告)副島洋明     (弁護士)
                                        
  内容  @現場での「不適応行動」に暴力的方法ではない援助(生活づくりと関
       係づくり)の実践を拡げるために。
      Aパニック・自傷などといって「やむをえない暴力」を認める現場の構
       造、そして職員集団のあり方を問い、改革していくために。
      B現場から“暴力”を一掃していくスタンダード・ルール(あたりまえ
       の基準)を確立するために。
・・
          ………………………………………

 6月12日の集会の呼びかけ人・支援者になってくれませんか。知的障害者施設における〈職員の利用者に対する暴力は決して許さないのだ〉というスタンダード・ルール、そしてその実践をこの集会で明確に打ちだしたいと考えております。是非よろしくお願いいたします。

        愛成学園事件弁護団(弁護士・副島洋明、登坂真人、大石剛一郎)

        連絡先 〒102-0084 東京都千代田区二番町11-10

               麹町山王マンション307 号 副島法律事務所
               TEL 03-3230-3933   FAX 03-3230-1549


……………………………………………………………………………………………………

      6月12日集会の呼びかけ人・支援者、参加申込書

 愛成学園事件弁護団としては、この6月12日の集会を〈現場から暴力を一掃するための現
場との闘い〉と考えており、そのためにはできるだけ多くの方々・関係者の支援者を募りた 
い。また周囲の知人や関係者にこの6月12日の集会を紹介・案内していただき、支援者にな
っていただけるよう声をかけて下さることを望んでいます。ひとりでも多くの方が支援者にな
って下さい。 

住所   (連絡先)〒                               
                                          
          TEL・FAX                         
                                          
氏名                                        
                                          
6月12日の集会に向けたビラに支援者の肩書き(経歴等)をつけたいと思いますので下に書
いて下さい。肩書きが無記入の場合は、「地名」(例・川崎市)をつけさせていただきます。

肩書き                                       
                                         
 (施設名を出したくないということであれば、どこにある、どのような施設かを教えていた
 だければ、と思います)                              
                                          
職業(勤務先)                                   
                                          
この愛成学園事件を支援しようという動機、そして疑問や批判があれば教えて下さい。
  
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
 愛成学園事件の裁判と運動にどのようなことを期待されていますか。また、どのようなご協
力・支援ができるとお考えですか。



愛成学園事件  ◇全文掲載

HOME(http://www.arsvi.com)