HOME > 全文掲載 >

「今再び問い直す−国立国会図書館の視覚障害者サービス−」


last update: 20151221


■「今再び問い直す−国立国会図書館の視覚障害者サービス−」

 以下に、全国視覚障害者雇用促進連絡会(雇用連)からのシンポジウムのご案
内をいたします。転載歓迎です。

−−−−−ここから−−−
 シンポジウムのご案内
 「今再び問い直す−国立国会図書館の視覚障害者サービス−」
           主催 雇用連(全国視覚障害者雇用促進連絡会)
              なごや会(公共図書館で働く視覚障害職員の会)

 今年6月、一視覚障害学生が国立国会図書館に受験申し込みに行ったところ、
同館は「墨字資料が読めない」との理由でこれを拒否しました。これは、
1994年に続き、2度目のことであり、私達は強い憤りを感じています。
 また、同館の視覚障害者サービスについてみると、対面朗読や点訳サービスが
実施されておらず、私達が資料に到達するのに大きな困難があります。更に、同
館では現在「電子図書館プロジェクト」が推進されていますが、この計画の中に
障害者の声が反映されるかどうか大いに疑問です。そこで今回、下記の内容でシ
ンポジウムを開催致したいと思います。多くの方々の参加をお待ち致しておりま
す。
                  記
1、日時 1998年10月18日(日)午後1時〜4時30分
2、会場 戸山サンライズ2階・研修室(電話03ー3204ー3611)
3、内容1)第1部 講演
      テーマ「何故広がらない公務員への道(仮題)」
      講師 谷合 侑氏(視覚障害者関係の研究者、著者多数)
    2)第2部 国会図書館シンポジウム
      シンポジスト
      @長谷川貞夫氏(利用者の立場から、元筑波大学附属盲学校教諭)
      A中山玲子氏(図書館員の立場から、日野市立中央図書館、なごや
       会会員)
      B佐藤雅之氏(図書館問題研究会、図書館利用に障害のある人への
       サービス委員会委員)
4、参加費 300円(資料代)
5、待ち合わせ 誘導の必要な方はJR山手線新大久保駅改札口に12時30分
      までにお集まりください。
6、連絡先 田中章治
      電話03−3442−8451 内線3112(勤務先)



全文掲載
TOP HOME (http://www.arsvi.com)