HOME > 全文掲載 >

講演会「英国コミュニティケアと日本の障害者──ケアガイドラインのあり方」


last update: 20151221


          英国コミュニティケアと日本の障害者
            ケアガイドラインのあり方
               講演会のご案内

「英国研修の内容と意義成果」
 中西正司(ヒューマンケア協会),朝比奈ミカ(東京都社会福祉協議会)
「研修の日本の障害者運動へのインパクト」
 高橋修(自立生活センター・立川)

パネルディスカッション
「研修の成果と日本の障害者運動の展望」
 パネラー:立岩(兼司会,信州大学医療技術短期大学部),中西正司,
      山田昭義(AJU自立の家)

日時  1998年2月3日(火)PM2:00〜4:00

場所  船舶振興ビル10階ホール(銀座虎ノ門駅4番出口※)
    〒105 東京都港区虎ノ門1丁目15番16号
    日本財団 ボランティア支援部
    電話:03−3502−2304

    ※4番を出ると,三菱銀行,住友銀行,富士銀行,一つ通りを渡るとビル
    があります。

参加費 無料(参加希望の方は,下記に御連絡を下さい)

連絡先 ヒューマンケア協会
    〒192−0046 東京都八王子明神町4−14−1
    電話:0426−46−4877 FAX:0426−46−4876

資料  『障害当事者が提案する地域ケアシステム
     ──英国コミュニティケアへの当事者の挑戦』
    当日,参加された方には,英国研修の報告と将来への指針を提案した上記
    新刊書が配付されます。

主催  ヒューマンケア協会・日本財団
後援  東京都(予定),東京都社会福祉協議会(予定)
    DPI(障害者インターナショナル)日本会議
    障害者政策研究全国集会
    TIL(東京都自立生活センター協議会)



TOP HOME (http://www.arsvi.com)