HOME > 全文掲載 >

「日本解放社会学会ニュース」

日本解放社会学会 1997/12/05

Tweet
last update: 20151222


日本解放社会学会ニュース

No.45(1997.12.5)
発行:日本解放社会学会
         ・731-31 広島市安佐南区沼田町大塚1717
            広島修道大学人文学部 大庭研究室内
・(082)830-1192/830-1125
[振替口座 01380-8-23051]
──────────────────────────────────────

1.第14回日本解放社会学会大会への参加(宿泊予約)申し込みについて
2.『解放社会学研究12』への投稿申し込みについて
3.1997年度会費納入のお願い(未納の方あて)
4.新入会員・再入会員紹介
5.その他
──────────────────────────────────────

1.第14回日本解放社会学会大会への参加(宿泊予約)申し込みについて

『学会ニュース』No.44でお知らせしておりますように、第14回日本解放社会学会大
会は、竹村一夫(島根大学)さんが幹事を引き受けてくださり、山口県立大学の山田
富秋さん/志村哲郎さん、事務局の大庭が補佐しながら、島根県益田市の人権センタ
ーにて、1998年3月28日(土)〜29日(日)の日程で開催されます。
大会準備の都合上、大会に参加を希望される方は、同封の「参加申込書」に必要事項
を書き込んで、事務局までご送付くださるようお願いいたします(1997年1月16日ま
でに必着のこと(なお、FaxやEメールでの送信も可。Fax(082)838-3378,Eメール
ooba@shudo-u.ac.jp)。
報告希望・宿泊予約希望の方だけでなく、参加予定の方は全員、ご連絡を。総会時の
資料の準備や、報告者にレジュメを何部用意していただくか、などの基準にいたしま
すので。
[大会のプログラム編成について]従来通り、大会2日間とも午前・午後で計4セッシ
ョンを行うことになると思います。「テーマ部会」に関しては、現在、検討中です。
企画委員(石川准さん、鐘ケ江晴彦さん、塚田守さん)の方に限らず、いい企画があ
りましたら事務局宛にどしどしお寄せください。なお、未だ検討中の事柄ですが、フ
ィールドワークという案も出ております。それゆえ、「自由報告部会」は2セッショ
ンか3セッションか流動的な状態です。今後、会員の皆さんには事務局から、司会や
討論者などを依頼することもあろうかと思いますが、その時にはどうぞよろしくお願
いいたします。
[宿泊予約について]宿泊は、現在下見をしながら手配しております。宿泊予約を希
望される方は、1月16日までに事務局あてご連絡ください。期日までに申し込まれな
かった方は、ご自分で宿の手配をしていただきます。なお、例年、大会直前になって
宿泊はまだ予約できるかどうかの問い合わせがありますが、そのことに費やされる幹
事の労力・時間は膨大なものになります。大会参加・宿泊の可能性のある方は、締め
切りまでに予約申し込みをしてください。

──────────────────────────────────────

  2.『解放社会学研究12』への投稿申し込みについて
 
現在、山田富秋さんの方で『解放社会学研究12』の編集作業を行っております。編集
責任者の山田さんによると、今号より、全体の3分の2はテーマを決めての依頼原稿
、残りの3〜4本を自由投稿にするという方針となりました。書評は福岡&金さん、
および立岩さんの新刊に決まっているようです。『研究』は会員の研究成果発表の場
であり、学会のシンボルの一つともいうべきものです。会員のみなさんの奮っての投
稿を呼びかけます。
投稿を希望される方は、申し込みを12月末日までに山田富秋さんあてにしてください
。入稿の締め切りは、1997年1月末日まで延ばします。山田富秋さんの連絡先は[〒
753 山口市桜畠3-2-1 山口県立大学山田富秋研究室 ・0839-28-0211]です。
 「投稿に関する規定」が、1997年度総会で改訂されました。投稿論文には、「簡潔
な和文タイトルと欧文タイトルをつけること。タイトル・著者名に続いて、キーワー
ドを3つまで(和文と欧文で)つけること」となりました。総会に出席されていない
会員の方で、「規定」の入手を希望される方は、事務局までご連絡ください。
 なお、上記の締め切りはあくまでも最終的なものです。ご希望の方は、査読/リラ
イト/編集作業に要する時間を勘案して、できるだけ早め早めに手続きをお願いします。
──────────────────────────────────────

  3.1997年度会費納入のお願い(未納の方あて)

1997年度の会費を未納の方は、お早めに納入をお願いします。年度内までに会費を納
入されない場合は、会則により退会したものとみなされますので、ご注意ください。
年会費は、「定職を有する者」5000円、「定職を有しない者」3000円です。同封の郵
便振替用紙にてご送金ください。
12月5日現在、未納の方は、下記のとおりです。振替用紙はこれらの方々にのみ、同
封しております。なお、郵便振替は1週間くらいかかってこちらに届きますので、万
一、行き違いになりました場合は、ご容赦ください。

青木秀男、秋月弘司、足助安章、市川薫、市川悦子、岩田啓靖、海野道郎、江嶋修作
、岡田和美、金澤貴之、神原文子、金俊華、小林 卓、小林嘉宏、篠原 收、志村哲
郎、竹内哲也、竹村一夫、渡会雅敏、中川ユリ子、中田栄二、平岡昌樹、福留範昭、
益田圭、見田宗介、南今日香、嶺井正也、宮本真巳、村上呂里、山本哲司、横山勝英
、好井裕明、亘明志

──────────────────────────────────────

  4.新入会員・再入会員紹介

次の方々が新たに入会・再入会されました(敬称略)。
<新入会>
井出弘毅(東洋大学大学大学院)
<再入会>
神田真理子(広島修道大学)

なお、1997年12月5日現在で、本学会会員は118名です。

──────────────────────────────────────

  5.その他

1) 1997年12月5日現在の会員名簿が整備されております。ご希望の方がありました
ら、事務局あて、ご連絡ください。
2) 学会ニュースNo.44でお知らせしました、本学会の会員である青木秀男・江嶋修
作・福留範昭・好井裕明・亘明志の五名の広島修道大学教員に対する不当解雇事件を
めぐる裁判闘争は、一審での不当判決という思ってもみなかった結果になりましたが
、現在、控訴審に入っております。これまでと変わらぬご支援をいただきますよう、
お願い申しあげます。
3) 新著を発刊された会員の方で、会員のみなさんにひろく案内をしたいとご希望
の方は事務 局までご連絡ください。




第14回日本解放社会学会大会参加申込書


 氏名                

 所属                

 住所/電話                               


・第14回日本解放社会学会(1998年3月28〜29日、益田市)に参加しますか?
  1.参加する
     (a.28・29両日    b.28日のみ    c.29日のみ)
  2.参加しない
  3.未定

・3月27日と28日の富山での宿泊を学会事務局を通して予約しますか?
  1.宿泊を予約する
    a.27・28両日とも
    b.27日のみ
    c.28日のみ
  2.予約しない

・大会で研究報告しますか?
  1.報告する
     (仮題)
  2.報告しない

その他(事務局への要望・連絡などありましたらどうぞ)
                                    
                                    
                                    
                                  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大庭宣尊OOBA Nobutaka
広島修道大学人文学部
ダイアルイン082-830-1192or830-1125
Eメール:ooba@shudo-u.ac.jp



全文掲載

HOME(http://www.arsvi.com)