HOME > 全文掲載 >

「3-4-3 遺伝子スクリーニングが満たすべき原則:各専門団体が見解として発表している合意点 [遺伝診断技術の臨床適用のための国家政策の開発:嚢胞性繊維症からの教訓]より」

玉井 真理子・中澤 英之・阿部 史子 19970901 『遺伝医療と倫理』(バイオエシックス資料集 第1集)
信州大学医療技術短期大学部心理学研究室

last update: 20131127

◆3-4-3

遺伝子スクリーニングが満たすべき原則:各専門団体が見解として発表している合意点 [遺伝診断技術の臨床適用のための国家政策の開発:嚢胞性繊維症からの教訓]より

Bebjamin S. Wilfond, Kathleen Nolan 1993  National Policy development for the Clinical Application of Genetic Diagnostic Technologies : Lessons From Cystic Fibrosis, JAMA 270:2948-2954

上記論文中の「表1.遺伝子スクリーニングが満たすべき原則:各専門団体が見解と して発表している合意点」(Principles for Genetic Screening: Areas of Consensus, p.2949)の全訳

      [資料集p.96]

表1:「遺伝子スクリーニングが満たすべき原則:各専門団体が見解として発表し ている合意点」

■:項目 principles

■スクリーニングの目標にするべきこと
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・遺伝性疾患を持つ患者の健康の増進に寄与すること
・生殖問題の決断のために情報提供すること  
・ハイリスクの家族の心配を軽減すること
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・遺伝性疾患を持つ患者の健康の増進に寄与すること
・生殖問題の決断のために情報提供すること 
・個人が持つ遺伝性疾患を列挙すること
□大統領委員会 President's Commission
・生殖問題の決断および個人の決断のために必要な情報を提供すること


■スクリーニングでその目標が達成できるか、という問題について
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・明確な目標を立てるべき
・実験的な調査研究を行って達成できる目標を設定する(達成できないのであれば  スクリーニングは中止)
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・明確な目標を立てるべき
・実験的な調査研究を行って達成できる目標を設定する
・スクリーニング計画の規格化
□大統領委員会 President's Commission
・実験的な調査研究を行って達成できる目標を設定する 

■スクリーニングへの一般の人のかかわりについて
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・共同体が、教育の面で参加するのを歓迎
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・一般の人の参加を歓迎
・共同体が医療面で参加するのを歓迎
□大統領委員会 President's Commission
・共同体が医療面で参加するのを歓迎

■スクリーニングサービスの利用について
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・あらゆる人に対して情報およびスクリーニングの門戸を開放
・ハイリスクの人には優先的に提供する
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・ハイリスクの人には優先的に提供する
□大統領委員会 President's Commission
・ハイリスクの人には優先的に提供する

■検査のあるべき姿について
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・誤解を防ぐためにも正確な情報を伝えるものであること
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・正確さ、有効性、感度、特異性が許容範囲内であること
□大統領委員会 President's Commission
・正確さ、有効性、感度、特異性が許容範囲内であること

■サービスを受ける際の強制の有無について
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・検査を自発的なものに限ること
・産む産まないの強制がないこと
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・検査を自発的なものに限ること
□大統領委員会 President's Commission
・検査を自発的なものに限ること(ただし新生児の場合で、スクリーニングをしないことがかなりの大きなデメリッ
 トにつながる場合、あるいは自発性に基づく制度がなかった場合、強制的にスクリーニングを行う)

■インフォームドコンセントについて
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・患者の明確な同意が必要
・検査に先立って患者はリスクとメリットについて知る必要がある
・同意をとる手順の有効性について継続的な評価を行うべき
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・患者の明確な同意が必要
・検査に先立って患者はリスクとメリットについて知る必要がある
□大統領委員会 President's Commission
・患者の明確な同意が必要

■対象者の保護の為の禁止事項について
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・人体実験としてのスクリーニングの禁止
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・人体実験としてのスクリーニングの禁止
□大統領委員会 President's Commission
・試験的な調査なしでスクリーニングを行うことの禁止

■結果の開示について
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・すべてを開示する
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・すべてを開示する
□大統領委員会 President's Commission
・すべてを開示する

■カウンセリングについて
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・非指示的であるべき
・明確な資格を設定するべき
・患者の理解度と、情報が患者に及ぼす影響とについて、継続的に評価すること
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・明確な資格を設定するべき
□大統領委員会 President's Commission
・非指示的であるべき
・明確な資格を設定するべき
・患者の理解度と、情報が患者に及ぼす影響とについて、継続的に評価すること

■プライバシーの保護について
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・スクリーニングを受けた個人だけに告知する
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・スクリーニングを受けた個人だけに告知する
□大統領委員会 President's Commission
・スクリーニングを受けた個人だけに告知する

■検査施設について
□ヘイスティングセンター The Hasting Center
・特に条件なし
□全米科学学術会議 National Academy of Science
・地域ごとに専門機関を設け、クオリティコントロールを行う
□大統領委員会 President's Commission
・地域ごとに専門機関を設け、クオリティコントロールを行う

      [資料集p.97]



*作成:小川 浩史
REV: 20131127
遺伝子治療  ◇遺伝子…  ◇全文掲載 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)