HOME > 全文掲載 > 反保安処分闘争 >

精神衛生法「改正」国会上程阻止!!

精神衛生法撤廃全国連絡会議(準) 19860712


精神衛生法撤廃! 刑法改悪―保安処分新設粉砕!
精神衛生法「改正」国会上程阻止!!

  闘う仲間の皆さん!
  精神衛生法「改正」を軸にして、今刑法改悪―保安処分新設の攻撃が強まっています。
  自民党は、昨年11月21日「刑法全面改正に関する中間報告(案)」で、刑法全面改悪作業の最重要点は保安処分の新設であり、「精神衛生法改正の動きを見守り保安処分の新設をはかる」のだといっています。
  政府・厚生省は、昨年12月25日、87年春の精神衛生法「改正」案国会上程を決定し、そのための準備を急ピッチで進めています。すでに二十四団体に対して精神衛生法「改正」についての意見を求める一方で、4月15日には「精神保健の基本問題に関する懇談会」を設置して、これまで三回の会合を開いています。このあと、公衆衛生審議会などにかけて上程案を作るのだといっています。
  厚生省の動きは、刑法改悪―保安処分新設と一体のものだということができます。さらに自民党・法務省・日本弁護士連合会・日本精神病院協会・日本精神神経学会等が精神衛生法「改正」が必要という点で一致して進められています。

精神衛生法の撤廃を!
  これらの一切の動きが「精神障害者」の声を聞こうともせずに行なわれていることからも「精神障害者」に対する差別・抑圧をなくそうとするものでないことは明らかです。
  精神衛生法は「正常な社会生活を破壊する危険のある精神障害者全般をその対象とする」(1950年国会での法案趣旨説明)と、成立当初から社会防衛を目的とした治安法として現在まで機能してきています。「精神障害者」を差別にもとづき「犯罪素因者」ときめつけ、社会から排外し、予防拘禁=強制医療を加えるという、保安処分とまったく同じ考え方で作られています。治安法である精神衛生法にはいかなる対案もありえません。
  精神衛生法の下で「精神障害者」は、精神病院内では行動制限を受け、人間性の一切を否定され、鍵と鉄格子と薬によって自由を奪われ、昼夜監視の対象とされています。抵抗するものには暴力をふるい宇都宮病院をはじめ、虐殺にまでおよぶ非人間的扱いをされています。地域では精神病院への予防拘禁をおそれ、ひっそりと暮らさざるを得ない生活をしいられています。医療は治安の道具とされ、医師・医療従事者は治安政策の尖兵とされてきました。
  精神衛生法は撤廃あるのみです。今また、こうした虐待への自己批判抜きに、精神衛生法の「改正」を行なう政府・厚生省は許せるものではありません。

精神衛生法「改正」の先取=「訪問指導」の強化を許すな!
  厚生省は、5月15日「保健所における精神衛生業務中の訪問指導について」という通達を各自治体や医師会に宛てて出しました。
  その内容は警察庁の要請を受け、『凶悪事件の再犯防止につながるから、入院管理を強化し、医療中断者を訪問して指導を強化せよ』というものです。訪問指導の了解は家族等を含むというものであり、同意入院=強制入院をそのまま地域管理に広げるというものです。
  医療中断は現在の医療の方に問題があるからです。さらに週一回訪問せよと、医療に名をかりて「精神障害者」の地域での生活を管理・抑圧しようとする悪辣な内容で、65年精神衛生法「改正」以降の警察官通報による強制入院をそのまま保健所・医療関係者に拡大しようとするものです。
  この「訪問指導」攻撃はなしくずし的精神衛生法改悪攻撃にほかなりません。
  自由入院・自由治療の当り前の原則を守り、この攻撃をきっぱり拒否して、厚生省につきかえして「訪問指導」攻撃をうちくだこう!

厚生省闘争をたたかおう!
  わたしたちは、この間二回にわたる厚生省闘争を闘ってきました。これまでの精神医療行政を糾弾し、厚生省の自己批判を追及し、精神衛生法を撤廃せよと突きつけてきました。さらに厚生省の居直りを許さずともに闘いましょう。赤堀さんの再審開始決定を勝ちとった地平を引きつぎ、「闘えばかてる」という確信も新たに「精神障害者」差別を糾弾し、「病」者、「障害者」と共に生き、闘う中から精神衛生法「改正」国会上程阻止!精神衛生法撤廃!刑法改悪―保安処分新設粉砕を勝ちとろう!

    1986年7月12日

  精神衛生法撤廃全国連絡会議(準)
  (連絡先 港区新橋2−8−16 石田ビル4F 591−1301)
          ・赤堀中央闘争委員会      ・救援連絡会議
          ・全国「精神病」者集団     ・救援連絡センター
          ・監獄法を許さない全国連絡会議


*作成:桐原 尚之
UP: 20110815 REV:
反保安処分闘争  ◇全国「精神病」者集団  ◇全国「精神病」者集団 声明・文書  ◇全文掲載 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)