HOME > 全文掲載 >

「第6回水曜会 政府に対する事前の質問と回答」

社会党政策審議会 19840718

last update:20150505
Tweet

第6回水曜成 政府に対する事前の質問と回答

〈1〉医療法人報徳会宇都宮病院に対し、事件発覚後、行政はどのような対応をしたか
(答)
@理事長・院長の更迭
A医療法違反事項の改善(別紙A)
B入院患者に関する実地審査
C患者・家族のための臨時相談コーナーの設置
D親書の開封チェックをやめさせる指導
☆なお、健保法に基づく指導監査は、カルテ、レスプト等、関係書類を宇都宮病院地検が押収中のため、当面実施できない。
〈2〉宇都宮病院の入院患者に関する実地審査について
@その結果を報告せよ
(答)措置入院患者161名について実地審査した結果、以下の通り。
  措置必要 47人
  〃 不要 114人
  ただし要入院 98
     要通院 14
    医療不要  2
なお同意入院患者については、いま審査中である。
A上の報告で、「医療不要」が2人いるが、この2人が措置入院させられた経過および理由を明らかにせよ。
(答)水曜協議会に間に合うよう調べてお答えする。
〈3〉宇都宮病院の患者・家族のために県が設けた臨時相談コーナーについて。
@その概要を報告せよ
(答)4月9日〜7月6日までの間、保健婦を臨時に雇い上げ、月曜日〜金曜日まで、県庁内で相談を受けた。受け付け情況は、以下の通り。
計83件
入院中の患者  2
退院した〃   1
家族     65
知人      5
電話によるもの 49
面談 〃    34
なお、7月7日以降は、県精神精神衛生センターの一般的な相談窓口に引き継いだ。
A宇都宮病院入院中の患者に、臨時相談コーナーの開設を知らせたか。
(答)知らせていない。
Bなぜ、知らせなかったのか。趣旨に反するのではないか。
(答)水曜協議会に間に合うよう調べてお答えする。
〈4〉通信・面会の自由確保について
@親書の開封チェックをやめよとの指導を受けて、宇都宮病院が実行しているかどうか確認したか。
(答)病院から、その旨の報告書が県宛届いている。(7月2日付)
A面会に職員が立ち会うことをやめさせるべきではないか。
(答)患者のプライバシーを守るため、それを基本としたい。ただし、症状によっては、立会いを必要とすることもありうる。なお、宇都宮病院に対し県当局は適切な面会場所の確保など指導した。
B宇都宮病院には、患者が利用できる公衆電話はあるのか。
(答)開放病棟に3台ある。閉鎖病棟では、看護室の電話を利用するようになっている。
(中略)
第2部法務省人権擁護局調査課・総務課
〈1〉法務省は、宇都宮病院事件を人権侵犯事件として対応しているのか。
(答)現在、情報収集中である。
〈2〉法務省が人権侵犯事件として受理した事件のうち、精神衛生関係のものはどれだけあるか。
(答)57年 1万5781件(新規受理)のうち6件、処理したもの4件
・保護義務以外の同意で入院させられた・・・2件
・保護義務者が退院引き取りを拒否・・・1件
・病院が手紙の検閲をする・・・1件
58年 1万4166件(新規受理)のうち5件、処理したもの6件(前年からのくりこし分が含まれている)
・保護義務者以外の同意・・・3件
・長期間診療せず・・・1件
・親族のウソで入院・・・1件
・看護士だけで連行された・・・1件
〈3〉人権擁護のための調査、啓発等でこれまで重点的にとりくんだ事例は何か。
(答)同和対策及び戸塚ヨットスクール事件がある。前者は一般的な啓発事業、後者は父系を集めて啓発活動を行ったものである。

*作成:桐原 尚之
UP:20150430 REV: 20150505
精神障害/精神医療  ◇全文掲載 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)