HOME > 全文掲載 >

1978年11月 「安楽死法制化を阻止する会」の声明




  「最近、日本安楽死協会(太田典礼理事長)を中心に、安楽死を肯定し、肯定するばかりでなく、これを法制化しようとする動きが表面化している。
  しかし、このような動きは明らかに、医療現場や治療や看護の意欲を阻害し、患者やその家族の闘病の気力を失うばかりか、生命を絶対的に尊重しようとする人々の思いを減退させている。こうした現実をみるにつけ、我々は少なくとも、安楽死法制化の動きをこれ以上黙視し放置することは許されないと、社会的な立場から考えざるをえなくなった。
  現在、安楽死肯定論者が主張する「安楽死」には、疑問が多すぎるのである。真に逝く人のためを考えて、というよりも、生残る周囲のための「安楽死」である場合が多いのではないか。強い立場の人々の満足のために、弱い立場の人たちの生命が奪われるのではないか。生きたい、という人間の意志と願いを、気がねなく全うできる社会体制が不備のまま「安楽死」を肯定することは、事実上、病人や老人に「死ね」と圧力を加えることにならないか。現代の医学では、患者の死を確実に予想できないのではないか……。
  これらの疑問を措いて、安楽死を即座に承認することは、我々には到底できない。実態を学びつつ考え、討論し、正しい方向を追求するためには、我々は「安楽死法制化を阻止する会」を組織し、真に生命を尊重する社会の建設をめざそうとするものである。
  右、声明する。

一九七八年十一月
安楽死法制化を阻止する会
発起人  武谷三男 那須宗一
野間 宏 松田道雄
水上 勉


……以上……

*猪瀬[1987:153]に引用
 猪瀬 直樹 19870820 『死をみつめる仕事』 新潮社、209p. 1200 三鷹い



安楽死・尊厳死  ◇日本安楽死協会  ◇「安楽死法制化を阻止する会」の声明に対する反駁声明  ◇松田道雄  ◇Archive
TOP HOME (http://www.arsvi.com)