HOME > 全文掲載 > Y事件 >

PSW通信No.31に関する申し入れ

多摩川保養院を告発し地域精神医療を考える会 19750419


昭和50年4月19日
日本精神医学ソーシャル・ワーカー協会
理事長 岩本 正次 殿
多摩川保養院を告発し地域精神医療を考える会
代表 阿部 信真

申し入れ書

 PSW通信No.31に掲載された昭和49年秋の全国理事会報告「3.Y問題調査報告の検討について」に関する「討論要旨」について次のとおり申し入れます。
(b)について
(1)「協会の力量および個々のワーカーの立場」をどう認識しているか明らかにされたい。
(2)「組織決定という形で支援することを打ち出すことはしない」というのは、第10回大会の決議を継承していないのではないか。そうでないなら第10回大会の決議の内容をどうふまえているのか明らかにされたい。
(3)「日常業務のなかで生かしていくべき」ということは、具体的にどう展開していくのか明らかにされたい。
(c)について
(1)川崎市当局への対応について、結論を早急に出されたい。
(2)I氏、Y氏に対する回答を早急に出されたい。I氏に対する回答の内容については、I氏に回答する以前にY氏に提示、公開されたい。
(3)「I氏に会員資格剥奪に価するような事実は認められず」と判断した根拠は何か。
(a)について
 以上の問題は、Y氏の人権問題にかかわるものであり、協会の立場性も不明確である。したがって、一般化の問題についてもY氏の了解を前提とされたい。


*作成:桐原 尚之
UP: 20110810 REV:
Y事件(Y問題)  ◇精神医学医療批判・改革  ◇精神障害/精神医療  ◇全文掲載 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)