HOME > BOOK >

『統合教育へ一歩踏み出す――条約・規則・宣言を使って』


last update: 20170426


子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会 編 20000821
『統合教育へ一歩踏み出す――条約・規則・宣言を使って』
現代書館,166p. 1600 *
http://www.gendaishokan.co.jp/

古川 清治 20000821 「はじめに」
 子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:001-002]
◇平野 裕二 20000821 「国連・子どもの権利委員会は何を求めたか」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:008-015]
◇矢吹 芳洋 20000821 「子どもの権利行使保障と障害児」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:016-027]
堀 正嗣 20000821 「子どもの権利条約における能力と発達」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:028-033]
長瀬 修 20000821 「世界行動計画、機会均等規準規則と障害者の条約」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:034-039]
◇嶺井 正也 20000821 「サマランカ宣言、子どもの権利条約、そして共生」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:040-046]
◇矢倉 久泰 20000821 「文部省通知と政府報告書を斬る」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:048-053]
◇小俣 軍平 20000821 「就学相談と就学時健診の問題点」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:054-060]
◇古川 清治 20000821 「「障害にもとづく差別」を考える」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:061-066]
◇古川 清治 20000821 「「障害児普通学級入級訴訟」の判決を再読し、
 条約の活かし方を考える」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:067-077]
◇大谷 恭子 20000821 「教育行政のあり方について」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:077-086]
◇熊谷 直幸 20000821 「今、「普通学級で障害児を見る目」は」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:088-094]
◇田口 康明 20000821 「特別なニーズに応じた教育と手厚い教育」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:095-104]
北村 小夜 20000821 「学習指導要領体制を超えるために問題点を考える」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:105-112]
◇小川 恭司 20000821 「「別学」制度の改革こそが、閉塞的状況にある
  普通学校を見直す契機になる」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:113-118]
◇落合 俊郎 20000821 「統合教育へ向けた世界の動向」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:119-130]
◇長瀬 修 訳 20000821 「障害者の機会均等化に関する規準規則」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:132-153]
◇嶺井 正也 訳 20000821 「サマランカ宣言」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:154-156]
◇平野 裕二 訳 20000821 「条約四四条に基づき締結国によって提出された
 報告の検討――子どもの権利委員会総括所見・日本」
  子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編[2000:157-164]



REV: 20170426
障害者と教育  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)